So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

10月19日の馬見丘陵公園フラワーフェスタ-2

10月21日       10月19日の馬見丘陵公園フラワーフェスタ-2
                 主に北エリア以外の花々を散策?
10月12日~20日開催の「2019馬見フラワーフェスタ」には、台風19号襲来前の11日に
午後から来て北エリアのダリア園を主に撮って既にブログ投稿済み・・・
10月14日の近鉄ハイキングでも馬見丘陵公園へ来る予定だったが雨予報で参加中止
にして他の予定を入れた為、19日の火事を済ませて午後に雨が降り出す前に来た・・・
北エリア駐車場に車を停めて
DSC00558.JPG
DSC00557.JPG
DSC00510.JPG

ダリア園の横を通って花の道バラ園へ向かう
ダリア園
DSC00555.JPG
DSC00553.JPG
DSC00552.JPG
DSC00551.JPG
DSC00512.JPG
DSC00514.JPG

連絡隧道へ向かう
DSC00515.JPG
DSC00516.JPG

連絡隧道を抜けると
DSC00517.JPG

チャイニーズイエローバナナ
DSC00519.JPG

コスモスが満開
DSC00521.JPG
DSC00522.JPG
DSC00524.JPG
DSC00526.JPG
此処までは、
10月19日の馬見丘陵公園フラワーフェスタ-1 として
        下記のセカンドブログへ詳細を投稿済みです。
      https://nara-amami-shiba.blog.ss-blog.jp/2019-10-20-2
此処では、続きの コスモス満開途中~ についての詳細を掲載します。
コスモス満開途中
DSC00527.JPG
DSC00528.JPG
DSC00529.JPG
DSC00530.JPG
DSC00531.JPG
DSC00533.JPG

アメリカ芙蓉
DSC00532.JPG

アメリカデイゴ
DSC00534.JPG
DSC00535.JPG

古墳の丘
DSC00537.JPG
DSC00542.JPG

下池
DSC00539.JPG
DSC00540.JPG
DSC00543.JPG

セイタカアワダチソウ
DSC00541.JPG

中央エリア通路、公園館へ
DSC00544.JPG
DSC00545.JPG

ベニバナトチノキ
DSC00546.JPG

バラ園
DSC00548.JPG
DSC00549.JPG

北エリアへ向かう
DSC00550.JPG

nice!(9)  コメント(0) 

10月18日の大阪府公園シリーズ 浜寺公園散策-2

10月20日        10月18日の大阪府公園シリーズ 浜寺公園散策-2
                   昼飲み会ハイキング 歩程約6km
此の日は、14:30~天王寺の居酒屋で月に一度の「昼飲み会」の為、13時頃から阿倍野の
銭湯で汗を流せるようなハイキングコース設定、昼飲み会に参加する4名と参加しない1名
の5名で歩く事に・・・
昼飲み会は、コース料理で2時間飲み放題を設定、今月は8名参加してわいわいガヤガヤ。
コース  羽衣駅~高石神社~浜寺公園  ・K場さん・S藤さん・M吉さん・M村さんと4名で。 
南海羽衣駅(10:10着・10:15スタート)~羽衣濱神社~高石神社~高師浜駅・ロシア兵捕虜
収容所跡碑~臨海スポーツセンター(トイレ)~高石マリーナ・漁港~交通遊園・羽衣公園~
浜寺公園・バラ園(散策11:30昼食)~浜寺運河~浜寺公園駅(12:17発) →堺駅(乗換)→
天下茶屋駅(大阪メトロへ乗換)→動物園前駅(12:45)~徒歩10分~湯処 あべの橋へ
飲み会不参加の1名は阿部野橋駅へ  4名は⇒湯処 あべの橋 @450円  14:00出発  
昼飲み会待ち合わせ場所へ 14:15着  14:30~17:00 居酒屋 甘太郎 8名で飲み会
此の日の私の万歩計は、17569歩で約10.5km歩いた・・・  帰りに自宅直前で雨に・・・
志都美駅
右手の二上山は見えるが左手の葛城山山頂は雲に覆われて・・・
DSC00453.JPG
南海羽衣駅(10:10着・10:15スタート)~
羽衣濱神社・・・大鳥羽衣浜神社
この神社は堺市にある大鳥大社の摂社にあたるのだそうです。
祭  神:両道入姫皇女
由  緒:境内看板を転載します。
「謹みて惟みるに創祀せられしは、文武天皇の御代にして、慶雲三年に鎮座せられ今
日に至るまで実に1260年有余年を経たる延喜式内の古社であります。
古くより井戸の守大明神と申し上げ、尊崇せられてまいりました。境内手水舎の井戸
水は古来霊泉として近郷近在より拝戴せられて居りました。
DSC00454.JPG
DSC00457.JPG
高石神社
飛鳥後期に創建された古社であり、祭神に少彦名命・天照皇大御神・熊野坐三社を
祀っています。
由緒書によれば、創祀の詳細は不詳であるものの、白雉元年(650年)に創建された
と云われているそうです。
古くは天神の社として知られ、平安期には延喜式にも名を列した神社であるとされて
います。
主祭神
少彦名神(スクナヒコナ):オオナムチと共に国造りを成した神とされる
天照皇大御神(アマテラス):太陽を神格化した皇祖神であり、伊勢内宮の主祭神と
して有名
熊野坐三社
DSC00459.JPG
DSC00461.JPG
高師浜駅・ロシア兵捕虜収容所跡碑
高師浜駅
DSC00463.JPG
ロシア兵捕虜収容所跡碑
浜寺俘虜収容所の痕跡はほとんど何も残っていないが、南海電鉄・高師浜駅前に次の
ようなプレートがある。
プレートには次のように記されている。
「浜寺俘虜収容所跡 明治37年(1904年)より始まった日露戦争では、多くの俘虜が日
本に連行され、翌年1月第4師団司令部により、ロシア人俘虜収容所が設置されました。
その範囲は紀州街道西側の北は芦田川から南は王子川に至る地域で、大部分が高石村
の土地でした。当時高石村の人口は約3、500人で、収容された俘虜は約28、000人で
あり、村人にとっては大きな出来事でした。その後俘虜は、明治39年(1906年)2月まで
には、全員ロシアに送還されました。
現在も高師浜2・4丁目、千代田2・4・6丁目一帯に残る整然とした道路は、俘虜収容所の
区画の名残と言われています。 1995年3月高石市」
DSC00462.JPG
亡くなった捕虜のお墓は三光神社裏の陸軍墓地に?かと思っていたがそうではなかった。
高石市から南の泉大津市の市営墓地の一角に、ロシア人墓地がいまだにきれいに整備さ
れており、そこには収容所所長の隈部潜少将が記した記念碑もある様です。
2019年3月大阪アイスショー後のオフタイムに、高石市浜寺公園のロシア兵捕虜収容所跡
の日露友好記念碑にザギトワさんが訪れてニュースになった様です。

※日露戦争(1904~05年)では、全国29カ所の施設に約8万人のロシア兵捕虜が収容
されたとされる。大阪でも約3万人のロシア兵が、現在の堺市西区浜寺の海岸に建てられ
た仮設テントに収容された後、1905年からは高石市高師浜に建設された捕虜収容所に
収容され、戦争終結後は全員がロシアに送還された。しかし、病気などにより89人が故国
の地を踏むことなく亡くなった。泉大津市の住民が市営墓地の一角に約600平方メートル
の土地を提供し、ロシア兵のための墓地が造られた。以来、付近の住民の手によって保全
が行われてきたという。
敷き詰められた白石の中に建てられた墓石には、亡くなった89人の氏名がロシア語とカタ
カナで刻まれ、所属部隊名の他に、兵士の宗教を表す紋が刻まれている。その多くはロシ
ア正教の十字架が刻まれている。

臨海スポーツセンター(トイレ)~高石マリーナ・漁港
高石マリーナ・漁港
DSC00464.JPG

浜寺運河・浜寺公園へ向かう
防潮堤&水門
DSC00466.JPG
DSC00467.JPG
浜寺運河・浜寺公園
日露友好之像
浜寺公園の一角に「日露友好之像」が建っている。平成14(2002)年5月に建立され、
碑文には「ロシアの勇猛果敢なる子が永遠に人々の記憶にとどまらんことを!」。
当時の小泉純一郎首相、プーチン大統領が署名している。
DSC00468.JPG
明治37(1904)年2月から1年半に及んだ日露戦争では、約8万人の捕虜が日本に
送られた。うち最大時には2万8000人が浜寺に収容された。
当時の高石村の人口は約3500人だから、地元はさぞ驚天動地だったろう。
この地が選ばれたのは、陸軍第4師団の司令部が大阪に置かれていたのに加えて、
戦時には似つかわしくないが、気候温暖、風光明媚(めいび)が決め手になったという。
さかのぼる1899年、日本も参加してオランダ・ハーグで第1回万国平和会議が開か
れ、捕虜、傷病者に対する人道的な扱いが定められた。
日露戦争は会議後初めての大規模戦争であり、国際的に注視された。
一等国の仲間入りをめざす日本は、とりわけ捕虜の待遇に気を遣った。
動員2万人し突貫工事、電灯も完備
当初は次々に送られてくる捕虜をテントに収容したが、2万人近い大工や作業員を動員
して突貫工事で居住棟を建てた。診療所、礼拝堂、パン工場などが設けられ、日本語教
室も開かれた。まだ一般家庭に電気が行き届いていない時代に、収容所内ではどこも
電灯がついた。収容者には運動のために外出も許可され、毎朝隊列を組んで出かけ、
夕方に戻った。地元の住民との交流もあり、親しくなって家に招待される捕虜もいたとい
う。負傷者のために皇后陛下から義手、義足、義眼が贈られ、ロシア政府からは同盟国
だったフランスを介して手当金が支給された。
DSC00469.JPG
浜寺公園・交通遊園
浜寺公園・・・大久保利通卿も愛した日本初の公立公園
かつて大阪の人々は夏になると、南部の堺市から高石市にかけての海岸に海水浴に
出かけた。歌枕の地で高師浜(たかしのはま)と呼ばれ、古くから白砂青松の景勝で知
られた。明治になって新田開発が計画された。明治6(1873)年、たまたま訪れた大久
保利通が、伐採される松林を惜しんで詠んだ。内務卿の一声で計画は中止となり、
一帯はわが国初の公立公園に指定された。浜寺公園である。
    「音に聞く高師の浜のはま松も 世のあだ波は のがれざりけり」
DSC00470.JPG

浜寺公園・バラ園へ向かう
DSC00471.JPG

松林から桜並木を・・・
DSC00472.JPG
DSC00473.JPG

開けてきて金木犀も咲いてる
DSC00475.JPG
DSC00476.JPG
此処までは、
10月18日の大阪府公園シリーズ 浜寺公園散策-1 として
            下記のセカンドブログへ詳細を投稿すみです。
          https://nara-amami-shiba.blog.ss-blog.jp/2019-10-20
此処では、続きの 浜寺公園・バラ園~ についての詳細を掲載します。
浜寺公園・バラ園(散策11:30昼食)
バラ園
DSC00477.JPG
バラ園は殆ど花が咲いていない
バラ園の外へ
DSC00478.JPG
DSC00479.JPG

噴水を見ながら昼食タイム
DSC00480.JPG

此方の方がバラが咲いている
DSC00483.JPG
DSC00484.JPG
DSC00486.JPG

浜寺運河を見に行く
DSC00481.JPG
DSC00491.JPG
浜寺運河~浜寺公園~浜寺公園前駅~浜寺公園駅(12:17発)
浜寺公園
DSC00492.JPG
DSC00494.JPG
DSC00495.JPG
DSC00496.JPG
DSC00497.JPG

松林は大阪緑の百選
DSC00498.JPG
DSC00499.JPG

浜寺公園前駅(チンチン電車)
DSC00500.JPG
浜寺公園駅へ向かう
旧駅舎が「カフェ駅舎」に・・・
明治40年建設で、現存する最古級の木造駅舎だった南海電鉄「浜寺公園駅」(堺市西区)。
南海本線の連続立体交差事業のため仮設場所に移動した建物が2018年4月15日、カフェ
&ギャラリーとして復活した。
DSC00501.JPG
浜寺公園駅
明治30年(1897)10月に開業した後、明治40年(1907)6月に建て替えられた駅舎は、東京
駅などの設計で知られる辰野金吾博士が所属した辰野・片岡建築事務所の設計によるも
のです。 平成10年(1998)9月に諏訪ノ森駅とともに大手私鉄で初めて国の登録文化財と
なったほか、平成12年(2000)には第1回「近畿の駅百選」に選ばれ、平成14年(2002)には
第9回「堺市景観賞(まち部門)」を受賞しています。
南海本線(堺市)連続立体交差事業により高架化されるため、現在は仮駅舎となって・・・。
DSC00502.JPG
DSC00503.JPG
DSC00504.JPG
堺駅(乗換)→天下茶屋駅(大阪メトロへ乗換)→動物園前駅(12:45)
~徒歩10分~湯処 あべの橋へ

あべのハルカス
地上300m、日本一の高さを誇る超高層複合ビル「あべのハルカス」は、近鉄大阪阿
部野橋駅、天王寺駅各線と直結。 日本最大級の百貨店や展望台、美術館、ホテルな
ど多彩な店舗が出店しており、1日中お楽しみいただけます。 大阪随一の絶景ととも
に堪能できるランチやスイーツなど、絶品グルメも充実。
大阪観光なら日本一高いビル「あべのハルカス」へ!  ほんまでっせ!
DSC00505.JPG
湯処・あべの橋温泉
天然温泉・・・大阪市港区の『天然温泉テルメ龍宮』から毎日搬送しています。
源泉名 龍宮温泉 1号 阪市港区2丁目3番33号  深さ  1,500m
泉質 ナトリウム塩化物強塩温泉   泉温 摂氏53.9度(浴槽温度40~42℃)
効能 ・神経痛・筋肉痛・関節・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・打ち身・くじき
    ・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進・切り傷
    ・やけど・慢性皮膚病・虚弱体質・慢性婦人病
DSC00506.JPG
銭湯で汗を流して
  昼飲み会へ14:30~17:00 8名参加 居酒屋 甘太郎でコース料理で飲み放題・・・ 
DSC00507.JPG

nice!(8)  コメント(2) 

10月15日の兵庫五色塚古墳~舞子海上プロムナード-2

10月16日        10月15日の兵庫五色塚古墳~舞子海上プロムナード-2
                     10月歩こう会例会 兵庫  距離約6㎞
チョット遠かったのか参加人数は66名と振るわず?午前は曇り空だったが昼からは晴れ、
湿度も低く風も有りまさにハイキング日和、私の万歩計は13025歩で約7.8km歩いてた。
帰りに3名で大阪駅中でほろ酔いセット、生中でカンパイ?して帰途に・・・
コース  JR垂水駅西口~駅南側へ出て海神社境内 受付・10時出発 参加費@500円   
JR垂水西口~駅南側へ出て~海神社境内(受付・スタート)~垂水丘陵を登る~五色塚
古墳~明石海峡臨む海岸・アジュール舞子~舞子公園(昼食)~舞子海上プロムナード
散策(散策)~歩5分・JR舞子駅
志都美駅へ向かう
DSC00338.JPG

志都美駅
DSC00339.JPG
JR垂水西口~海神社境内(受付・スタート)
海神社・・・式内社 播磨國明石郡 海神社三座 名神大 月次新嘗 旧官幣中社
御祭神:底津綿津見神 中津綿津見神 上津綿津見神   相殿 大日孁貴尊
兵庫県神戸市にある。垂水駅のすぐ目の前にあり、海側に赤い大鳥居がある。
大鳥居には海側と陸側に、それぞれ扁額があり、海側の扁額には「海神社」、陸側には
「綿津見神社」とある。社号である海神社は、「わたつみ」と読むのだが、古記録には「あま」
「たるみ」などの読みもあると云われる。
由緒
今から千八百年前くらいの昔、神功皇后(ジングウコウゴウ)が三韓よりの帰路、暴風雨の
ため、どうしても御座船を進めることができなくなりました。皇后御みずから綿津見三神をお
祭りになり、御祈願されましたところ、たちどころに風波がおさまり御無事に都へ御還りにな
りました。その時神功皇后が綿津見三神をお祭りになったところに御社を建て、御神徳を仰
いだのが鎮座の由来であります。
この御神徳により、航海安全・漁業繁栄の神として仰がれることはいうまでもなく、さらに当
地が海上陸上を問わず、古代交通の要地であったことから、交通安全の神としても仰がれ
ております。
又海は万物をはぐくまる所、綿津見大神の娘 豊玉姫尊(トヨタマヒメノミコト)は彦火々出見
尊(ヒコホホデミノミコト)に嫁がれて、皇室の親である鵜鶿草葺不合尊(ウガヤフキアエズノ
ミコト)をお産みになりました。そのとき大変安産であったところから、安産の神でもあり、彦
火々出見尊は満珠干珠(みつたまひるたま)の霊力によって水をつかさどり、厄難を去る神
であるところから、水産業・農業をはじめ水によって生計を立てる人の守護神であり、開運
厄除の神でもあります。
歴史r的背景
当社周辺からは縄文・弥生時代の住居跡・土器などが発掘されており、古来より人々がこの
地域で生活していたことがうかがえます。
また、当社西方約550mの所には兵庫県下最大の前方後円墳である五色塚古墳があり、
成立は二世紀末から五世紀初めとされ、瀬戸内海の海上航路の重要地である明石海峡大
橋を望む高台に造られています。
この墳丘を覆っていた茸石は、明石海峡を挟んで対岸の淡路島から運んできたものである
と云われている。このことから被葬者は、海事に従事していた人々を治め、この地域に勢力
をもっていた豪族であったと思われ、この時代からすでに海運が活発に行われていたことが
うかがえます。
以上のことから海事に関係の深い人々がこの垂水の地には多く存在していたと思われ、航
海術が未発達の当時、海上鎮護のため海大神を信奉する人々が社殿を設け祀っていたの
が始まりではないかと考えられます。
DSC00340.JPG
DSC00341.JPG

此処は通らないので先に撮って・・・
DSC00342.JPG

海神社スタート
DSC00343.JPG
左側へ
垂水丘陵を登る
DSC00347.JPG

五色塚古墳が見えて来た
DSC00351.JPG
五色塚古墳
千壺古墳とも呼ばれ、4世紀後半に築かれた兵庫県下最大の前方後円墳。築造当時の姿
に復元され、雄大かつ高度な古代の土木技術を体感できます。また、淡路島や明石海峡大
橋の眺めは抜群です。
五色塚古墳は、4世紀後半に築造された県下最大の前方後円墳です。墳丘の大きさは、全
長194m、前方部の幅82.4m、高さ13m、後円部の直径125.5m、高さ18.8mで、周囲に周
濠を巡らしています。
3段に築かれた墳丘のうち、下段は地山を前方後円形に掘り残し、中段及び上段は盛土を
行っています。下段の斜面には小さな石を葺き、中段及び上段の斜面には大きな石を葺い
ています。中段及び上段の葺石は分析の結果、日本書紀の記述通り淡路島から運ばれた
ものでした。使用された石の総数は、223万個・総重量2,784トンと推定されます。墳頂と2段
のテラスには、鰭付円筒埴輪・朝顔形埴輪などを巡らしていました。その総数は、2,200本と
推定されます。
立地としては明石海峡とそこを行きかう船を見下ろすような場所にあり、海上交通の要衝を
占めています。このことから海上交通と関わりの深い有力者の墓と考えられています。
この古墳は神戸市が、国の史跡整備の第1号として補助金を得て、昭和40年から10年の
歳月をかけて整備したものです。整備後30年近く経た現在も優美な姿を留め、全国から見
学者が訪れています。
DSC00352.JPG
DSC00353.JPG
小壷古墳・・・円墳
五色塚古墳と共に国指定史跡(五色塚(千壺)古墳・小壺古墳)に、1921(大正10)年指定。
直径67m・高さ9m、2段築成の円墳で周溝を備える。墳頂部やテラス面で円筒埴輪や家形
埴輪が出土しており、五色塚古墳と同じ5世紀初頭の築造と推定されている。
DSC00354.JPG

五色塚古墳管理事務所へ向かう
DSC00355.JPG
管理事務所前に集合
学芸員さんの説明を聞く・・・
DSC00356.JPG
DSC00357.JPG
DSC00359.JPG
五色塚古墳に登頂?する
明石海峡大橋が眺められる風光明媚な円墳からの展望・・・
DSC00362.JPG
DSC00367.JPG
DSC00368.JPG
DSC00376.JPG
此処までは、
10月15日の兵庫五色塚古墳~舞子海上プロムナード-1 として
            下記のセカンドブログへ詳細を投稿済みです。
        https://nara-amami-shiba.blog.ss-blog.jp/2019-10-16
此処では、続きの 未だ未だ五色塚古墳円墳上~ についての詳細を掲載します。
五色塚古墳に登頂?円墳上・・・
DSC00377.JPG
DSC00378.JPG

方墳部分にて
DSC00380.JPG
DSC00388.JPG
DSC00389.JPG

舞子公園・アジュール舞子へ向かう
DSC00397.JPG
DSC00399.JPG

明石海峡を臨む海岸・アジュール舞子
DSC00401.JPG
DSC00402.JPG
DSC00408.JPG

舞子公園
DSC00409.JPG
DSC00411.JPG
DSC00414.JPG
DSC00416.JPG
DSC00417.JPG
DSC00418.JPG
明石海峡大橋の下の日陰で海を眺めながら昼食
明石海峡大橋
本州四国連絡橋ルートの一。明石海峡に架かる吊り橋で、兵庫県淡路市と兵庫県神戸
市とを結ぶ。吊り橋としては世界最長の中央支間長(塔と塔との間の距離1991m)で、
全長3911m。平成10年(1998)完成。→本州四国連絡高速道路株式会社
兵庫県神戸市垂水区舞子と淡路市岩屋を結ぶ,橋長 3911mの世界最長の吊橋。本州
四国連絡橋の一つ。主ケーブルを支える主塔と主塔の間 (中央支間長) は 1991m。
1988年4月着工。 1998年4月5日開通。明石海峡は潮流が最大で毎秒 4.5mに達する難
所であるため,主塔を支える基礎の工事には,水深 60mの海底に巨大な鋼製ケーソンを
沈設した中にコンクリートを打設する工法がとられた。さらに上部は毎秒 80mの暴風とマ
グニチュード 8.5の地震に耐えられるように設計された。橋の開通により四国地方の経済
発展が期待されている。一方で,主要な交通手段として大きな役割をになってきたフェリー
は利用客が減少し,営業を停止した。
DSC00421.JPG
DSC00422.JPG
DSC00423.JPG
DSC00424.JPG
DSC00429.JPG
DSC00431.JPG
明石海峡大橋・舞子海上プロムナード散策(解散)
世界一のつり橋「明石海峡大橋」の神戸市側に添加施設として同時施工され1998年4月
5日に開設された舞子海上プロムナードは、海面からの高さ約47m、陸地から約150m、
明石海峡へ突出した延長約317mの回遊式遊歩道です。
海上プロムナード入口1階は明石海峡大橋をわかりやすく解説した資料やDVDシステム
があります。また8階展望ラウンジには明石海峡大橋の主塔の高さ約300mにのぼった気
分が味わえる展望カメラシステムがあり明石海峡大橋を眺望しながらゆっくり休憩してい
ただけます。スリルを体感したい人には「海上47mの丸木橋」をおすすめします。
DSC00432.JPG
DSC00440.JPG

明石の時計台が見えたのでパチリ・・・
DSC00443.JPG
解散~徒歩5分・JR舞子駅~神戸駅で新快速に乗り換え
大阪駅駅中で3名で居酒屋へ行き、ほろ酔いセット(生中に小鉢2) 税込@550円。
ほろ酔い気分で大和路快速に乗り換え、此処で歩こう会帰りの2名と出会い一緒に・・・

王寺駅~バスで帰る。とても快適なハイキングでした。
DSC00444.JPG
DSC00447.JPG
DSC00446.JPG

nice!(22)  コメント(2) 

10月11日の馬見丘陵公園北エリアの花々-2

10月12日       10月11日の馬見丘陵公園北エリアの花々-2
                14日行く予定だが台風接近で様子見に
12日17時30分に我が町の避難所は台風の被害は無い、とし避難所閉鎖されました。
台風はおさまりました。
台風19号接近中で、我が町にも大雨・暴風警報が出ていますが、時々大粒の雨に風も少し
だけ普段より強く感じられるが事前準備した割には、とてもおとなしい台風接近中です。
10月14日に近鉄ハイキングで馬見丘陵公園の「2019年馬見フラワーフェスタ」に行く予定
だが、昨日11日に時間が取れたのでダリア園の有る北エリアへ覗きに行ってみました・・・
北エリアの駐車場に車を停めて
ダリア園へ向かう 1~4
DSC00297.JPG
DSC00296.JPG
ダリア園 5
台風接近に向けて準備中なのか?
DSC00298.JPG

ダリア園の中に見学者がいる? 6~22
DSC00300.JPG
DSC00302.JPG
DSC00304.JPG
DSC00305.JPG
DSC00307.JPG
DSC00308.JPG

17~22
DSC00309.JPG
DSC00311.JPG
DSC00312.JPG
DSC00313.JPG
此処までは、
10月11日の馬見丘陵公園北エリアの花々-1 として
        下記のセカンドブログへ詳細を投稿済みです。
       https://nara-amami-shiba.blog.ss-blog.jp/2019-10-12
此処では、続きの ダリア園 23~29~ についての詳細を掲載します。
ダリア園 23~29
DSC00315.JPG
DSC00316.JPG
DSC00317.JPG
DSC00318.JPG
DSC00319.JPG
DSC00320.JPG
DSC00321.JPG
DSC00322.JPG
ながめの丘へ向かう
他の花苑 30~36
DSC00323.JPG
DSC00324.JPG
DSC00325.JPG
DSC00327.JPG
DSC00328.JPG
DSC00329.JPG
上へは登らないが
ながめの丘 37~38
DSC00330.JPG
DSC00331.JPG
帰り道も
他の花苑 39~40
DSC00332.JPG
DSC00333.JPG
ダリア園 41~42
観客がいなくなって?台風対策に・・・
DSC00334.JPG
DSC00335.JPG
去年のコスモス園は
今年は、コキア園に? 43
DSC00336.JPG

駐車場へ戻る 44
DSC00337.JPG
接近中のつぁい風はおさまった
今日12日の台風で被害に遭ってなければ此の綺麗な花々を14日のハイキングで見れる。

nice!(36)  コメント(4) 

10月6日の古市古墳群巡り・秋風の中、歴史を感じて-2

10月9日      10月6日の古市古墳群巡り・秋風の中、歴史を感じて-2
              五私鉄リレーウオーク 古市古墳群巡り 13㎞
此の日は、知人の・M村さん・K場さん・O村さんと4名で近鉄の五私鉄リレーウオークに参加。
秋風の中、13kmコースを一部分コースを変更し目標約10kmにショートカットして歩いた。
ゴールの抽選会場に当選番号が貼り出され3360番と有ったので此れ以上の参加人数が?
コースは  近鉄 五私鉄リレーウオーク  石川河川敷公園~駒ヶ谷駅西側公園
道明寺駅~徒歩5分~石川河川敷公園(受付9:30~10:30)~道明寺天満宮~仲姫命陵古
墳~応神天皇陵古墳~葛井寺~辛国神社~仲哀天皇陵古墳~白鳥陵古墳~誉田八幡宮
~駒ヶ谷駅西側公園~駒ヶ谷駅 13kmコース
我々4名が人混みを避けて此の日実際に歩いたのは下記のコース・・・
道明寺駅~徒歩5分~石川河川公園(受付9:30~10:30)~道明寺天満宮~古代道明寺五
重搭礎石~木槵樹(もくげんじゅ)~誉田八幡宮~峯ヶ塚古墳・峰塚公園(昼食)~清寧天皇
陵古墳~白鳥陵古墳~ふれあいスポット竹之内~石川・臥龍橋~石川河川公園~駒ヶ谷
駅西側公園(抽選会場・あみま倶楽部スタンプ)~駒ヶ谷駅   約11kmコース
此の日の私の万歩計は、2320歩で約12.1km歩いたことに・・・
志都美駅
DSC00246.JPG
道明寺駅~石川河川敷公園へ向かう
※道明寺駅・・・道明寺駅の歴史(近鉄電車発祥の駅として知られる)
近畿日本鉄道(近鉄)の駅。駅番号は南大阪線がF15、道明寺線がN15。
柏原駅や古市駅と並び、現在の近鉄に属する駅の中では最古の歴史を有する。
898年(明治31年)3月24日 - 河陽鉄道として柏原 - 当駅 - 古市間が開業に設置。
1899年(明治32年)5月11日 - 河陽鉄道の路線を河南鉄道が承継。同社の駅に。
1919年(大正8年)3月8日 - 社名変更により大阪鉄道の駅となる。
1922年(大正11年)4月18日 - 当駅から布忍駅までが開通。分岐駅となる。
1943年(昭和18年)2月1日 - 関西急行鉄道が大阪鉄道を合併、関西急行鉄道駅。
1944年(昭和19年)6月1日 - 戦時統合により関西急行鉄道が南海鉄道(現在の
南海電気鉄道の前身。後に再独立)と合併、近畿日本鉄道の駅となる。
※駅周辺のシンボルでもあったサントリー道明寺工場は2004年10月末で操業を停止し、
解体された。
道明寺駅~石川河川敷へむかう
DSC00249.JPG
DSC00251.JPG

石川河川公園(受付・スタート)
DSC00252.JPG

道明寺天満宮へ向かう
DSC00253.JPG
道明寺天満宮
祭神は菅原道真公、天穂日命と、菅原道真公のおばに当たる覚寿尼公である。
隣接して道明寺という真言宗の尼寺がある。この地は、菅原氏・土師氏の祖先に当たる
野見宿禰の所領地と伝え、野見宿禰の遠祖である天穂日命を祀る土師神社があった。
仏教伝来後、土師氏の氏寺である土師寺が建立された。伝承では聖徳太子の発願によ
り土師八島がその邸を寄進して寺としたという。平安時代、土師寺には菅原道真公のお
ばに当たる覚寿尼公が住んでおり、道真公も時々この寺を訪れ、この寺のことを「故郷」
と詠んだ詩もある。延喜元年(901年)、大宰府に左遷される途中にも立ち寄って、覚寿
尼公との別れを惜しんだ。道真公遺愛の品と伝える硯、鏡等が神宝として伝わり、6点
が国宝の指定を受けている。
DSC00254.JPG
ハイキング参加者多く渋滞?別のコースを選ぶ・・・
コースを変えて古代道明寺五重搭礎石~木槵樹(もくげんじゅ)へ
DSC00256.JPG
※道明寺(どうみょうじ)・・・ 道明寺は、真言宗御室派の尼寺。山号は蓮土山。
道明寺周辺は、菅原道真の祖先にあたる豪族、土師(はじ)氏の根拠地であった。道明寺
は土師氏の氏寺土師寺として建立され、今の道明寺天満宮の前にあった。当時は七堂伽
藍や五重塔のある大規模なものであった。901年(延喜元年)、大宰府に左遷される道真
がこの寺にいた叔母の覚寿尼を訪ね「鳴けばこそ別れも憂けれ鶏の音のなからん里の暁
もかな」と詠み、別れを惜しんだと伝えられる。この故事は、後に人形浄瑠璃・歌舞伎の
『菅原伝授手習鑑』「道明寺」の場にも描かれている。道真の死後、寺名は道明寺と改めら
れるが、これは道真の号である「道明」に由来する。

木槵樹(もくげんじゅ)
菅原道真公が40歳の時に古代道明寺で大乗経典のお経を写経し、それを納めたところから
生えた木が木槵樹だそう。木槵樹の起源は古く、お釈迦様の時代からあり、「木槵子経」とい
うお経があるのだそうです。実の中が巻物の様になってるそうです。
此処は入れないが、現道明寺の境内にも木槵樹が植えて有り、実が拾えるそうです。
DSC00257.JPG
DSC00259.JPG
誉田八幡宮(こんだはちまんぐう)
社伝によると、欽明天皇20年(559年)に任那の復興を目指した欽明天皇によって、応神天
皇陵前に神廟が設置されたことをもって創建としている。このことから最古の八幡宮を称し
ている。奈良時代には行基によって神宮寺の長野山護国寺も創建された。永承6年(1051
年)の後冷泉天皇行幸の際に、元の鎮座地から1町ほど南の現在地に遷座した。
八幡神が源氏の氏神とされることから、源氏姓を名乗る歴代の将軍をはじめ、武家の信仰
を受けた。南北朝時代から戦国時代にかけては、別当職の誉田三河入道一族によって保
護されたが、享徳3年(1454年)より始まった河内守護・畠山氏の内輪争いにより社殿・伽藍
を焼失し荒廃した。三好氏により滅ぼされた応神天皇末裔の誉田氏の一部は、四国や九州
に逃れ、また、江戸期には、関西一円の香具師(やし)(露天商)の元締めとして君臨したとい
われている。河内国を支配下に置いた織田信長により、社領をすべて奪われた。その後、豊
臣秀吉は社領200石を寄進し、社殿を再建した。天正14年(1586年)に社殿が焼失したため、
豊臣秀頼が片桐且元を普請奉行に任命して社殿再建を行ったが、拝殿の建造中に大坂夏
の陣・豊臣氏滅亡があり、建物の内部が未完成のままとなっている。
DSC00260.JPG
DSC00261.JPG
峰塚公園へ向かう
東高野街道碑・・・羽曳野市HPより
東高野街道は高野詣でのための京から高野山に至る道で、江戸時代には東高野街道の他、
西高野街道、下高野街道、中高野街道などいくつかの経路がありました。東高野街道は、
京都九条の教王護国寺(東寺)から大阪平野の東縁を南下し、羽曳野市域を通って紀見峠
を越え高野山に至っています。
DSC00263.JPG
峰塚公園(昼食)
峰塚公園・峯ケ塚古墳
峯ヶ塚古墳(みねがづかこふん)は、大阪府羽曳野市軽里2丁目に存在する古墳時代後期
の前方後円墳。古市古墳群の南西部に位置する。国の史跡に指定されている。
峯ヶ塚古墳は、墳丘の長さ96m、前方部の幅74.4m・高さ10.5m、後円部は直径56m・高さ
9mの前方後円墳である。
江戸時代には、日本武尊白鳥陵に比定されていた(現在は、軽里大塚古墳を比定)。また、
允恭天皇皇子の木梨軽皇子の墓との伝承もあった。
墳丘は二段に築かれており、二段目斜面の裾部分のみに数段の角礫が葺いてあるほか
は、表面に葺石はみられない。 1992年(平成4年)の発掘調査で、後円部墳頂中央部の盗
掘壙(とうくつこう)を掘り進めた結果、竪穴式石室が現れた。 石室や盗掘壙から、大刀・鉄
鏃などの武器、挂甲小札(けいこうこざね)などの武具、轡(くつわ)・鐙(あぶみ)などの馬具、
装身具、玉類などが大量に出土した。また、成人男性の骨や歯なども出土している。 出土し
た埴輪や横穴式石室の特徴から、6世紀初頃(古墳時代後期)の築造と考えられている。
DSC00268.JPG
セイタカアワダチソウも綺麗
キク科の多年草。別名セイタカアキノキリンソウ。北米原産の帰化植物で,土手や荒地に群
落を作る。茎は分枝せず,高さ1〜2mになる。全体に単毛があってざらつく。頭花は小さく舌
状花と筒状花からなり,10〜11月に茎頂に多くの小枝を分かち,黄色の円錐花序を作る。
虫媒花。かつて花粉症の原因とされたが現在は否定。
※かつてはブタクサと間違えられるなど花粉症の原因にされていたが、花粉が重く、遠くま
で飛散しないため、現在は否定されている。
第1次世界大戦前に、北アメリカから観賞用としてもち帰られ栽培されていたが、戦後京阪
神、九州北部を中心に急速にひろがり始めた。現在では関東、中部でも群落をつくっている
姿がみられるようになった。
食べると、春菊のように、豊かな香りがあって大変美味しい。新芽は天ぷらにすれば、タラの
芽より香りが強くて美味。おひたしにすれば、薫り高い食べ物を好む人には特にお薦めもの
という。花が咲く前のつぼみを乾燥させると入浴剤になり、デトックス効果があるという。
DSC00266.JPG
DSC00267.JPG
此処までは、
10月6日の古市古墳群巡り・秋風の中、歴史を感じて-1 として
             下記のセカンドブログへ詳細を投稿すみです。
          https://nara-amami-shiba.blog.ss-blog.jp/2019-10-09 
此処では、続きの 清寧天皇陵古墳~ についての詳細を掲載します。
清寧天皇陵古墳
陵(みささぎ)は、宮内庁により大阪府羽曳野市西浦6丁目にある河内坂門原陵(こうちの
さかどのはらのみささぎ)に治定されている。宮内庁上の形式は前方後円。遺跡名は「白
髪山古墳」で、墳丘長112メートルの前方後円墳である。
また皇居では、皇霊殿(宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊
が祀られている。
DSC00269.JPG
DSC00270.JPG
※清寧天皇(せいねいてんのう、允恭天皇33年? - 清寧天皇5年1月16日)は、第22代天
皇(在位:清寧天皇元年1月15日 - 同5年1月16日)。御名は白髪皇子(しらかのみこ)。
和風諡号は白髪武広国押稚日本根子天皇(しらかのたけひろくにおしわかやまとねこの
すめらみこと)、白髪大倭根子命(古事記)。
御名の「白髪皇子」の通り、生来白髪(アルビノの可能性もある)であったため、父帝の雄
略天皇は霊異を感じて皇太子としたという。
雄略天皇23年8月、雄略天皇崩御。吉備氏の母を持つ星川稚宮皇子が大蔵を占拠し、
権勢を縦(ほしいまま)にしたため、大伴室屋・東漢直掬らにこれを焼き殺させる。翌年正
月に即位。 皇子がいないことを気に病んでいたが、清寧天皇2年、市辺押磐皇子の子で
ある億計王(後の仁賢天皇)・弘計王(後の顕宗天皇)の兄弟を播磨で発見したとの情報
を得、勅使を立てて明石に迎えさせる。翌年2王を宮中に迎え入れ、億計王を東宮に、弘
計王を皇子とした。
5年正月に崩御した。『水鏡』に41歳、『神皇正統記』に39歳という。なお、『古事記』では2
王の発見は天皇崩御後の出来事としている。

白鳥陵古墳・・・白鳥陵(しらとりのみささぎ)
公式形式は前方後円。考古学名は「軽里大塚古墳」または「前の山古墳」。墳丘長190m
の前方後円墳で、5世紀後半の築造と推定される。河内の白鳥陵は明治8年(1875年)に
教部省により伊岐宮(現・白鳥神社)の白鳥神社古墳に考定されたが、明治13年(1880)
に現陵(軽里大塚古墳/前の山古墳)に改定された。現陵は、『河内国陵墓図』では木梨軽
太子の「軽之墓」と記されている。かつては西方の峯ヶ塚古墳に比定する説もあった・・・
DSC00271.JPG
DSC00272.JPG
※「日本武尊」
ヤマトタケル(生年不詳 - 景行天皇43年)は、記紀等に伝わる古代日本の皇族(王族)。
『日本書紀』では主に「日本武尊(やまとたけるのみこと)」、『古事記』では主に「倭建命
(やまとたけるのみこと)」と表記される。現在では、漢字表記の場合に一般には「日本
武尊」の用字が通用される。第12代景行天皇皇子で、第14代仲哀天皇の父にあたる。
熊襲征討・東国征討を行なったとされる、日本古代史上の伝説的英雄である。
草薙剣
記紀日本武尊が帯びた剣は、草薙剣(草那芸剣)といわれる。出雲でスサノオ尊がヤマ
タノオロチを倒した際にその尾から出てきたもので、天照大神に献上され、天孫降臨に
伴い三種の神器の一つとして、再び地上に戻ってきたものである。
日本書紀の注記によると、元は天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)という名で、日本武
尊が駿河で野火攻めに遭った時、この剣が独りでに鞘から抜けて草を薙ぎ払い、難を
逃れたことにより草薙剣(くさなぎのつるぎ)と名付けられたとする。ただし、これは挿入
された異伝であり、正式な伝承とは見なされていない。本文では一貫して草薙剣と表記
され、途中で名称が変わることはない。古事記でも草那芸剣(大刀)とのみ記される。

古墳の周りは、横の方から半周回る事が出来る
DSC00273.JPG
DSC00274.JPG

古市駅へ向かう
DSC00275.JPG
古市駅~白鳥神社前を通りふれあいスポット竹之内
※白鳥神社・・・藤井寺市観光協会HPより
元は軽里の西方、伊岐谷に創建された伊岐宮(白鳥陵の上にあった。)が江戸時代
に現在地に移され、日本武尊と素戔鳴命を祭神とする古市の氏神となりました。この
場所は6世紀に築造された欽明天皇のモガリ陵の後円部であるといわれています。

ふれあいスポット竹之内
日本最古の官道「竹内街道」と京都から霊場高野山に詣でる「東高野街道」がまじわる
古市の地、ここに訪れる人が憩える語らいの場となっています。
DSC00277.JPG

今日6日は、12日13日の祭礼に向け、だんじり試験曳きの日、此処でも練習が・・・
DSC00276.JPG
※竹之内街道
春分と秋分の日、太陽は三輪山から昇り、二上山を超えて大阪湾に沈む。このことから、
推古天皇21年(613年)に東西の直線で敷設された幅20mを越える大道(竹内街道・横
大路)は、太陽の道と言われる。古代には、大陸からの使節団が難波宮から飛鳥京を
訪れ、先進技術や仏教文化を伝えた。中世には経済都市を結び、近世には伊勢参りの
宿場町としての賑わいを見せ、場所ごとに様々な表情を浮かべる。1400年の歴史の移
り変わりを周辺の歴史遺産を通して感じさせる日本最古の国道。それが竹内街道・横大
路(大道)。

※東高野街道碑・・・羽曳野市HPより
東高野街道は高野詣でのための京から高野山に至る道で、江戸時代には東高野街道の
他、西高野街道、下高野街道、中高野街道などいくつかの経路がありました。東高野街道
は、 京都九条の教王護国寺(東寺)から大阪平野の東縁を南下し、羽曳野市域を通って
紀見峠を越え高野山に至っています。

臥龍橋へ向かう
此処でも祀りの稽古が・・・
DSC00278.JPG

DSC00279.JPG

石川・臥龍橋
DSC00280.JPG
DSC00281.JPG
DSC00282.JPG

石川河川公園
DSC00283.JPG
DSC00284.JPG
DSC00285.JPG

石川河川公園 パークゴルフ場(9ホール×2ヶ所)
DSC00286.JPG
DSC00287.JPG

石川河川公園 駒ヶ谷地区
DSC00288.JPG
DSC00289.JPG
駒ヶ谷駅西側公園
抽選会場(あみま倶楽部スタンプ)
DSC00290.JPG
DSC00292.JPG

駒ヶ谷駅ホームから公園を・・・  
DSC00291.JPG

nice!(20)  コメント(2) 

9月30日の浪速の町歩き・てんしばを目指して-2

10月8日        9月30日の浪速の町歩き・てんしばを目指して-2
                 昼飲み会(近鉄ハイク) 9kmコース
此の日は、久し振りに近鉄ハイキングに参加の知人のM村さんと二人で浪速の町歩きに。
コース  近鉄ハイキング 今里駅~大阪阿部野橋駅へ 9kmコース
今里駅(9:30集合)~生野コリアタウン~鶴橋本通り商店街~上本町YUFURA~生国魂
神社~五條宮~てんしば  ショートカットして五條宮から大阪阿部野橋駅へ
13:30頃に銭湯(湯処 あべの橋)14:10 ⇒ 14:20迄に551蓬莱前に行く必要が有った。.
此の日の私の万歩計は、19899歩で約11.9km歩いたことに・・・
今里駅~生野コリアタウン
生野コリアタウン 百済門前の平野川
DSC00175.JPG
コリアタウン
生野コリアタウンは大阪市生野区の桃谷にある「御幸通商店街」(御幸通東商店街、御幸
通中央商店会、御幸通商店街の3商店街)とその周辺の通称。公式サイトでもこの呼称が
用いられている。「大阪コリアタウン」「猪飼野コリアタウン」「桃谷コリアタウン」などとも呼ば
れる。もともと古代からこの地は渡来人が多数住みついており、旧地名である「猪飼野」の
起源となっている。1910年の日韓併合を経て、1923年に済州島と大阪をつなぐ直行便
「君が代丸」の就航をきっかけに、多くの朝鮮人が労働のために日本へ渡航し、当時工業
地化しつつあった猪飼野周辺に集まってきた。こうして自然と朝鮮市場が誕生し、それを
核に商店街としてスタートしたのもこの頃である。 日本の敗戦後、国に帰る韓国・朝鮮人、
新たにやってくる韓国・朝鮮人と入れ替わりはあるが、この市場を中心に生活し日本最大
の在日韓国・朝鮮人の集住地になった。現在も大阪市生野区の総人口の五分の一は外
国人である。「コリアタウン」にくれば韓国・朝鮮人にとって必要なものが揃う「地域に密着
した商店街」として発展した。
DSC00176.JPG
DSC00179.JPG
DSC00180.JPG
御幸森天神宮
御幸森天神宮は、大阪府大阪市生野区(旧摂津国東生郡猪飼野村)にある神社である。
仁徳天皇、少彦名命、忍坂彦命を祀る、猪飼野村の氏神である。御幸森天神宮のある
地域は古くから猪飼野(いかいの)と呼ばれ、猪甘津(いかいのつ)と呼ばれる古代の港
があったことに由来する。猪甘津は日本書紀仁徳天皇十四年の条に記され、猪甘部(い
かいべ)と呼ばれる官職を務める者が住んでいた。猪甘部は朝廷への貢物として豚を飼
育する役を司っていた。また付近は百済野と呼ばれ百済からの渡来人が多く住んでいた。
水鳥が集まる景勝地であったとも伝えられている。伝承によれば、仁徳天皇が鷹狩や渡
来人の様子を見聞する御幸に際して、度々この地の森で休憩したことから御幸の森と呼
ばれるようになったとされる。仁徳天皇崩御の後の反正天皇2年406年、天皇の神霊を
祀る社が建立され、御幸の祠や御幸宮と称されたと伝えられている。
DSC00181.JPG
DSC00182.JPG
DSC00187.JPG
つるの橋跡
『日本書紀』仁徳天皇14年の条に、猪甘津(いかいのつ)に小橋(おはし)を作った記事
が見える。記録に残る日本最古の橋で、それは平野川(旧大和川)に架けられたもので
ある。名の由来は、鶴が多く集まっていたからとも言われた。また、「津の橋」がなまった
からとも言われている。明治7年、平野川浚渫のとき木橋から石橋に架け替えられた。
そのときの親柱を記念に残した。つるのはし跡公園の小野小町の歌碑が有る。
「しのぶれど 人はそれぞと 御津の浦に 渡り初めにし ゐかい津の橋」。
DSC00184.JPG
DSC00185.JPG
※亀の橋跡・・・以前撮ったもの
亀の橋はかって東小橋村と猪飼野村との境を流れていた旧平野川に架けられていま
した。旧平野川は昭和15年(1940年)に埋め立てられ、長さ9m・幅3.6mのこの石
橋は廃橋となり、今は八木酒店の前に親柱の1本が残されている。
P6108350-2562d[1].JPG
彌榮神社
弥栄神社、彌榮神社、彌栄神社(いやさかじんじゃ、やさかじんじゃ、やえじんじゃ、や え
いじんじゃ)は、牛頭天王・スサノオを祭神とする祇園信仰の神社。
彌榮(やえい)神社は、文禄年間(1592年~1595年)に島根県八束郡(旧出雲國意宇郡)
の旧國幣大社熊野神社より御分霊を移して御祭りしたと旧記にあります。創立以来、旧木
野村の鎮守として崇敬厚く、宮座を設けて祭事を奉仕していました。明治5年村社に列せ
られ、神職を置き奉仕し、また社号もこの時に彌榮神社と改めました。
弥栄神社は、御幸森天神宮と並んで、コリアンタウンに鎮座する仁徳天皇と大変縁の深い
神社として有名です。弥栄神社は古くから地元の氏神様として、鶴橋・桃谷の人々に篤い
信仰を集めている歴史ある神社。特にこの界隈は、商店街通りとして、個人商店が多く立
ち並ぶので、商売繁盛の神としてお稲荷さんにお参りする人も多く、お参りが絶えない神
社として、地元の人たちに愛されています。
DSC00189.JPG
鶴橋本通り商店街&鶴橋卸売市場
当商店会は近鉄鶴橋駅東口に有り、鶴橋卸売市場(鮮魚、乾物、青果等)と接しており、
JR・地下鉄の至近距離にあります。昭和32年当時市内商店街でも少なかったアーケード
を設置し、永く親しまれてきました。戦後、日本の「鶴橋」と知られ隣接には鶴橋国際市場
(東成区・天王寺区)、少し離れて御幸森コリアタウンもあり、グルメと衣料ブティックの街と
しても有名です。近鉄線では、三重県松阪方面より鮮魚列車が毎朝到着し、商店に必要
な備品・小物等の小回りがきき、全てがそろい、市内は云うにおよばず、近い都市、東大
阪、奈良、和歌山の鮮魚店、すし店の方々が早朝より一種独特なにぎわいを展開しており
ます。
DSC00190.JPG
DSC00191.JPG

鶴橋卸売市場
DSC00193.JPG
DSC00194.JPG
DSC00195.JPG
産湯稲荷神社
当社は比売許曽神社の旧社地にあり、現在は御旅所で末社となっている。
現地に掲げられていた社記によると「当地の開拓神である大小橋命(おおおばせのみこと)
は天児屋根命の十三世の後胤で、13代成務天皇の御代(4世紀頃?)、ここ味原郷に誕生
した。その時、境内の玉の井の水を汲んで産湯に用いたので、この地を「産湯」という。 父は
神功皇后の近臣中臣雷大臣、母は紀氏清夫と言い、3人兄弟の長男である」としている。
すなわち、大化の改新で活躍した藤原家の祖、中臣鎌足の先祖に当る人である。 この誕生
のときの胞衣を埋めたと伝わる胞衣塚が比売許曽神社の近くにある。また、一説では生野区
にある御勝山は大小橋命の墓であるとも言われ、この地には大小橋命に関わる伝承は多い。
DSC00197.JPG
DSC00198.JPG
DSC00200.JPG

産湯の井戸が有る
DSC00201.JPG
DSC00202.JPG

近鉄上本町駅前
DSC00203.JPG
此処までは、
9月30日の浪速の町歩き・てんしばを目指して-1 として
         下記のセカンドブログへ詳細を投稿済みです。
        https://nara-amami-shiba.blog.ss-blog.jp/2019-10-08 
此処では、続きの生国魂神社~ についての詳細を掲載します。
生国魂神社
生國魂神社(いくくにたまじんじゃ、新字体:生国魂神社)は、大阪府大阪市天王寺区生玉
町にある神社。式内社(名神大社)。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。
別称を「難波大社」とも云われる。
かつては現在の大坂城の地に鎮座し、中世にはその社地に近接して石山本願寺も建立
され繁栄したが、石山合戦後の豊臣秀吉による大坂城築城の際に現在地に遷座されて
いる。この生國魂神社が祭神とする生島神(いくしまのかみ)・足島神(たるしまのかみ)は、
国土の神霊とされる。両神は平安時代に宮中でも常時奉斎されたほか、新天皇の即位儀
礼の1つである難波での八十島祭(やそしままつり)の際にも主神に祀られた重要な神々
で、生國魂神社自体もそれら宮中祭祀と深い関わりを持つとされる。
また、同様に大坂城地から遷座されたという久太郎町の坐摩神社とともに、難波宮との関
わりも推測されている。その後中世・近世を通じても崇敬を受け、戦前の近代社格制度に
おいては最高位の官幣大社に位置づけられた、大阪の代表的な古社の1つである。
DSC00204.JPG
DSC00205.JPG
DSC00206.JPG
齢延寺(れいえんじ)・・・生魂山 齢延寺
天王寺七坂のひとつ源聖寺坂の降り口に、銀山寺と向かい合って建つ寺院です。阿 吽2体
の仁王像を納める楼門が見事な寺院で、藤田東湖らの墓所もあるようです。本尊は大阪市
の有形文化財に指定されている定朝様の聖観音像です。曹洞宗のお寺です。立派な山門
に驚きました。柱が何本もあるような門、彫刻も施されていて見事な楼門に吸い込まれる様
に入りたくなります。以前訪問した時にバナナに似た植物が気になり和尚さん に聞いたとこ
ろ此れもバナナだと言う事でした。
今回、チャイニーズイエローバナナを見に行ったが花は無く、葉が青々と茂っていた。
DSC00207.JPG
※以撮った(2018年5月18日の大阪七坂巡り)初めて見た花が上向きのバナナ。
後で調べて見ると地湧金蓮(チヨウキンレン)チャイニーズイエローバナナだと解った。
IMG_0790-ef9ef[1].JPG
※地湧金蓮(チヨウキンレン)チャイニーズイエローバナナ
地湧金蓮(チヨウキンレン) はバショウ科ムセラ属の常緑多年草である。ムセラ属は
バショウ属から分離したもので、1属1種である。 中国の雲南省からインドシナ半島に
かけて分布し、高山に生える。 名は「地から湧き出た金色の蓮」という意味になる。
漢字では「地涌金蓮」とも書く。 読み方は「チユウキンレン」とするものもあるが、正式
名は「チヨウキンレン」である。 英名はチャイニーズイエローバナナである。
草丈は60~100センチくらいである。 葉は長い楕円形で、芭蕉(バショウ)やバナナ
に似ている。花の構造も芭蕉(バショウ)やバナナと同じだが、鮮やかな黄色い苞(花
序全体を包む葉の変形したもの)に特色がある。開花時期はは6~10月くらいである。

五條宮へ向かう、秋の兆しが?
DSC00208.JPG
五條宮・・・勝山通りの五條宮  ステンレスの大鳥居。
五條宮は橘氏の祖神を祀る全国唯一の神社。
四天王寺建立の折、医療病院の鎮護として医道の祖神五条大神・少彦名命を祀る。
後、敏達天皇社と改められ、東成郡五条村の鎮守となり、鬼門・火災除けの神として
も信仰された。敏達天皇が皇太子のときに居住した邸跡という。
五條宮|天王寺|名家「橘氏」の祖神「敏達天皇」を祀る全国唯一の神社
鎮座地は我国最古の大寺院である「四天王寺」の鬼門に位置し、これまた我国最古の
条坊制に基づく都ともされる「難波宮」の五條筋にあたるという。(社伝)
四天王寺の守護神として創建された「四天王寺七宮」と総称される7つの神社があるが、
それらとは一線を画す。
現在の祭神は、敏達天皇。ただし、創建当初は医薬祖神として五條大神・少彦名命が
祀られていたようだ。
DSC00209.JPG
DSC00210.JPG
ご神木・公孫樹(いちょう)
このご神木は樹齢500年の銀杏の木。火難除・延命長寿の守護として信仰されている。
また、三角の銀杏の実は、除災招福(災いを除き、福を招く)のお守りとなるという。
かつては高さ22m・周囲5mといわれる大木であったが、現在は今にも枯れそうな状態で、
その幹のほとんどはコンクリートのようなもので修復されていて痛々しい姿となっている。
DSC00211.JPG
DSC00213.JPG
DSC00214.JPG
DSC00212.JPG
※敏達天皇・・・30代敏達天皇。飛鳥時代の天皇で、聖徳太子の叔父にあたる。
物部守屋と蘇我馬子との間で仏教の取り扱いをめぐって抗争が始まった頃の天皇である。
ちなみに、敏達天皇は廃仏派に近い考え方だったと聞く。
敏達天皇の皇子に難波皇子がおり、その子に粟隈王、その子の美奴王が橘三千代を娶り、
橘諸兄を生んでいる。すなわち、敏達天皇は「橘氏の祖」となるわけだ。
「橘氏の祖」を祀る神社はここしかないらしい。
四天王寺建立の際、付属施設として「四箇院」すなわち、悲田院(福祉施設)・敬田院(寺院)
そして医薬系の施薬院・療病院を設置した。
その医薬系の施薬院・療病院の守護として創建された神社が、こちらの神社だ。となれば、
西暦600年頃ということになろう。
施薬院・療病院の守護神であるからこそ、医薬の神として知られる「少彦名命」を医薬祖神
として祀ったということである。674年。祭神が変更され、敏達天皇が祀られることとなる。
というのも、この五條宮の場所には、敏達天皇が皇太子時代に住んだ邸宅があったからだ
という。

四天王寺 東大門
DSC00215.JPG
DSC00216.JPG
※四天王寺
四天王寺(してんのうじ)は、大阪市天王寺区四天王寺にある寺院。聖徳太子建立七
大寺の一つとされている。山号は荒陵山(あらはかさん)、本尊は救世観音菩薩(ぐぜ
かんのんぼさつ)である。「金光明四天王大護国寺」(こんこうみょうしてんのうだいごこ
くのてら)ともいう。
『日本書紀』によれば推古天皇元年(593年)に造立が開始されたという。当寺周辺の
区名、駅名などに使われている「天王寺」は四天王寺の略称である。また、
宗派は天台宗に属していた時期もあったが、元来は特定宗派に偏しない八宗兼学の
寺であった。日本仏教の祖とされる「聖徳太子建立の寺」であり、既存の仏教の諸宗派
にはこだわらない全仏教的な立場から、1946年に「和宗」の総本山として独立している。
四天王寺は蘇我馬子の法興寺(飛鳥寺)と並び日本における本格的な仏教寺院として
は最古のものである。

新宿ごちそうビルの地下、二人で昼食、造り定食を食べて今日のハイキングは解散。
私は2時半からの昼飲み会に備えて、此れから銭湯で汗を流して着替えて飲み会へ・・・

此処からは1人で、JR天王寺駅&阿倍野ハルカス
DSC00217.JPG

キューズモール
DSC00218.JPG
阿倍野ハルカス
地上300m、日本一の高さを誇る超高層複合ビル「あべのハルカス」は、近鉄大阪阿部野
橋駅、天王寺駅各線と直結。 日本最大級の百貨店や展望台、美術館、ホテルなど多彩
な店舗が出店しており、1日中お楽しみいただけます。 大阪随一の絶景とともに堪能でき
るランチやスイーツなど、絶品グルメも充実。
大阪観光なら日本一高いビル「あべのハルカス」へ!  ほんまでっせ!
DSC00219.JPG
DSC00220.JPG
銭湯 あべの橋
湯処・あべの橋温泉
天然温泉・・・大阪市港区の『天然温泉テルメ龍宮』から毎日搬送しています。
源泉名 龍宮温泉 1号 阪市港区2丁目3番33号  深さ  1,500m
泉質 ナトリウム塩化物強塩温泉   泉温 摂氏53.9度(浴槽温度40~42℃)
効能 ・神経痛・筋肉痛・関節・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・打ち身・くじき
・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進・切り傷
・やけど・慢性皮膚病・虚弱体質・慢性婦人病
DSC00222.JPG
待ち合わせ場所の
天王寺ステーションビルへ向かう
DSC00223.JPG
DSC00224.JPG
DSC00225.JPG
DSC00226.JPG
今日は、
14:30~ミオパレス4Fの居酒屋「甘太郎」で6名集まって昼飲み会・・・ 

nice!(16)  コメント(2) 

9月28日の奈良大和四寺巡礼(最終回)室生寺-2

10月4日        9月28日の奈良大和四寺巡礼(最終回)室生寺-2
                  近鉄ハイキング 室生寺  13㎞コース
此の日は、知人のY田さん・K場さん・O村さん・I 田さんと5名で参加、全員が3回以上参加の
景品を貰った。今回のコースは山道と長距離?ショートカットして10km程度のハイキングに。
此の日の私の万歩計は、23092歩で約13.8km歩いた事に・・・
コース  近鉄ハイキング 三本松駅~室生口大野駅へ13km
三本松駅~下車直ぐ~道の駅宇陀路室生(10時集合)~花の郷滝谷しょうぶ園~大師の道
~室生寺~大野寺~室生口大野駅 ・大師の道・鬼の足跡~大野寺へ向かう(室生寺カット)
志都美駅
IMG_0482.JPG
高田駅~大和高田駅へ乗り換え
大和高田駅ホーム
IMG_0485.JPG

三本松駅到着ホーム
IMG_0486.JPG

道の駅宇陀路室生へ向かう
IMG_0489.JPG

道の駅宇陀路室生(10時集合)
IMG_0490.JPG

道の駅
IMG_0492.JPG

花の郷滝谷しょうぶ園へ向かう
IMG_0493.JPG

鳴海橋(なるみばし)
IMG_0494.JPG

宇陀川
IMG_0495.JPG
海神社・・・宇陀川沿いに「海(かい)神社」が鎮座。
大和にはここ三本松の他に室生大野、吉野の下市、西吉野夜中と四ヶ所の海神社
があるそうです。ご祭神はもとは室生龍穴神社から勧請された善女龍王でした。
しかし明治時代の神仏分離令により牛頭天王を祀る社が素戔嗚神社に改称させられ
たように牛頭天王の后の善女龍王(頗梨采女)を祀る当社も改称を迫られ、ご祭神は、
豊玉姫とされました。
祭神の豊玉姫は綿津見神の娘で、竜宮に釣り針を探しにきた山幸彦と結婚しました。
豊玉姫の伴侶が海幸彦ではなく、山幸彦なのにも海と山の大きな繋がりが見えます。
伝承
古老の伝えによると、応永三年(1396)に室生龍穴神社から善女竜王を勧請したという。
当社に祭る神像は、鎌倉期と考証されており、中世の初頭には概に祠を構えていたと思
われる。竜穴神社は祈雨止雨の霊験あつく、国家を鎮護したので貞観九年勅諚により善
女竜王の神号が授けられた。それ故当社でも宝暦四年の郷鑑には善女竜王とあり、棟札
にも祭神は善女竜王と記されている。明治初年の神佛分離により海神の姫、豊玉姫命を
祭神とし社号も海神社と改称した。海神の化身は竜神であるところから本地に帰ったとも
いえる。豊玉姫命は、万物の命の源である水を統御し、五穀豊穣をもたらす霊能豊かな
神であらせられ、安全の神鎮守の神としてもご神徳が高く、古くから崇敬の至情をあつめ
ている。
IMG_0497.JPG
IMG_0498.JPG
花の郷滝谷へ
長い上り坂が続く
宇陀市室生の『花の郷 滝谷花しょうぶ園』は、1万坪の敷地に、600種100万本の花菖蒲
が植栽された有料施設です。花菖蒲だけではなく、アジサイや睡蓮なども見られ6月下旬
~7月上旬ごろにはその全てが開花して、ますます素晴らしい光景が見られるでしょう!
IMG_0500.JPG
IMG_0502.JPG
IMG_0505.JPG
花の郷滝谷しょうぶ園~大師の道
大師の道・長瀬へ
伊賀や名張など三重県側から初瀬街道を通り、三本松の長瀬から山越えで室生寺へ
お参りする古道が「大師の道」、です。歩きが中心だった時代には多くの方が・・・
IMG_0507.JPG
IMG_0508.JPG
大師の道・室生へ
此処から山登り・・・
IMG_0509.JPG
IMG_0511.JPG
IMG_0512.JPG
IMG_0514.JPG

お地蔵さん
IMG_0517.JPG
此処までは、
9月28日の奈良大和四寺巡礼(最終回)室生寺-1 として
          下記のセカンドブログへ詳細を投稿済みです。 
        https://nara-amami-shiba.blog.ss-blog.jp/2019-10-04
此処では、続きの 峠の茶屋跡・此処から下りへ~ についての詳細を掲載します。
峠の茶屋跡・此処から下り
IMG_0516.JPG
IMG_0518.JPG
IMG_0519.JPG
IMG_0520.JPG
IMG_0521.JPG

大師の道・鬼の足跡~室生川沿いを大野寺へ向かう
IMG_0522.JPG

室生川の河原で昼食・アケビ・・・
IMG_0525.JPG
IMG_0529.JPG
IMG_0562.JPG

室生川沿いを大野寺へ向かう
IMG_0530.JPG
IMG_0531.JPG
IMG_0532.JPG
IMG_0533.JPG
IMG_0534.JPG
IMG_0538.JPG
IMG_0540.JPG
IMG_0542.JPG
IMG_0545.JPG
IMG_0546.JPG

室生もみじ公園
IMG_0547.JPG
IMG_0548.JPG
IMG_0549.JPG
IMG_0550.JPG

宇陀川を渡り~大野寺へ向かう
IMG_0552.JPG
IMG_0551.JPG
IMG_0553.JPG

ギンナン
IMG_0555.JPG
大野寺前の磨崖仏
宇陀市室生大野にある大野寺の前からは、宇陀川の美しい流れと共に、対岸の岸壁に
刻まれた高さ約14mの巨大な弥勒磨崖仏を眺めることができます。この弥勒磨崖仏は、
笠置寺の磨崖仏を模して造られたといわれています。
IMG_0554.JPG
大野寺の金木犀
大野寺は、白鳳9年(681)役小角が開基したとも伝えられています。
IMG_0556.JPG

室生口大野駅へ向かう
IMG_0558.JPG

室生口大野駅
IMG_0559.JPG
室生口大野駅~五位堂駅
五位堂駅&二上山
IMG_0561.JPG
IMG_0560.JPG

nice!(20)  コメント(2) 

8月24日の明日香稲渕の棚田と案山子と彼岸花巡り-2

9月30日        8月24日の明日香稲渕の棚田と案山子と彼岸花巡り-2
                    9月の歩こう会例会  10㎞コース
此の日は曇り空の中に参加者70名、途中からバスの案内もしていたが70名全員が完歩。
皆さんの日頃の行いが良いせいか雨には降られずハイキングを終わる事が出来ました。
此の日の私の万歩計は、21661歩で約12.9km歩いたことに・・・
コース  午後スタート時に石舞台古墳公園~飛鳥駅へバスの案内をしたが全員歩き。
飛鳥駅(受付・スタート10時10分)~高松塚古墳~欽明天皇陵~文武天皇陵横の休憩所
(トイレ休憩)~朝風峠下~稲渕の棚田&案山子ロード・彼岸花鑑賞・班毎の写真撮影~
男綱~石舞台古墳公園(昼食休憩・集合写真撮影)~玉藻橋~橘寺~川原寺跡~亀石~
村立聖徳中学校前~天武・持統天皇陵~国営飛鳥歴史資料館(休憩)~飛鳥駅
志都美駅
IMG_0405.JPG

此の日は生駒山と信貴山も・・・
IMG_0407.JPG
香芝駅~近鉄下田駅へ乗り換え
鹿島神社
祀ってあるのは、「武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)」で、ふつう「鹿島大明神(か
しまだいみょうじん)」という。この神社は、承安(しょうあん)1(1172 )年に源義朝(みな
もとのよしとも)の家来であった鎌田小次郎政光が常陸国(ひたちのくに)(現茨城県)の
鹿島本宮の神を連れてきたのが始まりという記録がある。伝承ではその時村人は塩餅
(しおもち)や押し飯(おしめし)を作り、大喜びでお祭りしたという。
鹿島神社には、昔から「結鎮座」(けいちんざ)と呼ばれる氏子(うじこ)の集団(宮座)が
あり、鎌倉時代の初期から記録が残されている。これは、約800年間にわたる独特の伝
統をもって今も生き続けている。日本の古い神社や寺には貴重な古文書がたくさん伝
わっているが、民間の宮座記録としてはこの「鹿島神社文書」(かしまじんじゃもんじょ)
が最も古い。昭和37年には奈良県指定文化財となり、現在は奈良国立博物館で保管
されている。
IMG_0409.JPG

飛鳥駅(受付・スタート10時10分)
IMG_0410.JPG

高松塚古墳へ向かう
IMG_0411.JPG
高松塚古墳
高松塚古墳(たかまつづかこふん)は、奈良県高市郡明日香村(国営飛鳥歴史公園内)に
存在する古墳。藤原京期(694年~710年)に築造された終末期古墳で、直径23m(下段)
及び18m(上段)、高さ5mの二段式の円墳である。1972年に極彩色の壁画が発見された
ことで一躍注目されるようになった。2009年に本来の形状に復元され、一般に公開されて
いる。壁画は石室の東壁・西壁・北壁(奥壁)・天井の4面に存在し、切石の上に厚さ数ミリ
の漆喰を塗った上に描かれている。壁画の題材は人物像、日月、四方四神および星辰
(星座)である。東壁には手前から男子群像、四神のうちの青龍とその上の日(太陽)、女
子群像が描かれ、西壁にはこれと対称的に、手前から男子群像、四神のうちの白虎とそ
の上の月、女子群像が描かれている。男子・女子の群像はいずれも4人一組で、計16人
の人物が描かれている。中でも西壁の女子群像は(壁画発見当初は)色彩鮮やかで、歴
史の教科書をはじめさまざまな場所でカラー写真が紹介され、「飛鳥美人」のニックネー
ムで親しまれている。人物群像の持ち物が『貞観儀式』にみられる元日朝賀の儀式に列
する舎人ら官人の持ち物と一致する。この元日朝賀の儀式には日月・四神の幡も立てら
れる。奥の北壁には四神のうちの玄武が描かれ、天井には星辰が描かれている。南壁に
は四神のうち南方に位置する朱雀が描かれていた可能性が高いが、鎌倉時代の盗掘時
に失われたものと思われる。天井画は、円形の金箔で星を表し、星と星の間を朱の線で
つないで星座を表したものである。中央には北極五星と四鋪四星(しほしせい)からなる紫
微垣、その周囲には二十八宿を表す。これらは古代中国の思想に基づくもので、中央の
紫微垣は天帝の居所を意味している。
IMG_0412.JPG
※高松塚壁画館
館内には、壁画の検出当時の現状模写、一部復元模写、再現模造模写、墳丘の築造状態、
棺を納めていた石槨の原寸模型、副葬されていた太刀飾金具、木棺金具、海獣葡萄鏡など
のレプリカを展示し、高松塚古墳の全貌をわかりやすく再現。

文武天皇陵横の休憩所(トイレ休憩)景色が素晴らしい
IMG_0427.JPG
※文武天皇
文武天皇(もんむてんのう、天武天皇12年(683年) - 慶雲4年6月15日(707年7月18日))
は、日本の第42代天皇(在位:文武天皇元年8月1日(697年8月22日) - 慶雲4年6月15日
(707年7月18日))。天武天皇と持統天皇の孫。
当時としては異例の14歳の若さで即位。祖母・持統太上天皇(史上初の太上天皇)のもと
で政務を行っていた。後の院政形式の始まりである。

朝風峠下へ向かう
IMG_0432.JPG
IMG_0439.JPG
※朝風峠の地蔵さん
以前、朝風峠でガイドさんに下記の伝説を聞いた事が有ります。
明日香・栗原集落の朝風峠のお地蔵さん、右の肩の上が大きく欠けているのは、
「朝風地蔵」と平田集落にある「みみなほし地蔵」が争って、片方の「朝風地蔵」は
肩を取られ、片方の「耳なほし地蔵」は耳を取られた。というおもしろい言い伝え
があるそうです。

※耳なほし地蔵
平田集落にある「みみなほし地蔵」
此のみみなほし地蔵には「キリ」が多数奉納され、キリで穴が開けられる様に耳が
通り聞こえる様になる?というおまじないの様です。

稲渕の棚田&案山子ロード・彼岸花鑑賞・班毎の写真撮影
IMG_0340.JPG
IMG_0443.JPG
IMG_0444.JPG
IMG_0445.JPG
IMG_0446.JPG
棚田が素晴らしい
IMG_0447.JPG
IMG_0450.JPG
フジバカマも咲いている
IMG_0451.JPG
IMG_0452.JPG
今年のジャンボ案山子のモチーフは
「チコちゃん」・・・高さ6m、因みに昨年は「せごどん」だった。
IMG_0453.JPG
IMG_0454.JPG
此処までは、
9月24日の明日香稲渕の棚田と案山子と彼岸花巡り-1 として
            下記のセカンドブログへ詳細を投稿済みです。
          https://nara-amami-shiba.blog.so-net.ne.jp/2019-09-30
此処では、続きの南海キャンディーの山ちゃん~ についての詳細を掲載します。
南海キャンディーの山ちゃんご夫婦
IMG_0456.JPG
男綱
※綱掛神事
綱掛神事は明日香村稲渕と栢森(かやのもり)に伝わる神事です。 稲渕は「男綱」、
栢森は「女綱」がかけられます。
子孫繁栄と五穀豊穣を祈り、飛鳥川と道路をまたいで綱を渡し、悪疫が川や道路を
とおって進入することを押しとどめ、住民を守護するための神事と言われています。
IMG_0457.JPG
IMG_0459.JPG
IMG_0461.JPG
IMG_0462.JPG
石舞台古墳公園(昼食休憩・集合写真撮影)
※石舞台古墳
6世紀の築造。巨石30個を積み上げて造られた石室古墳。その規模は日本最大級を
誇る。盛土が失われて、露出した天井石の上面が平らなことにちなんで、石舞台と呼
ばれる。墳丘は1辺50mの方墳で、周囲には幅8.4mの濠がめぐる。石室の長さは19.
1m、玄室は高さ約4.7m、幅約3.5m、奥行き約7.6m。石の総重量は推定2,300t、古
墳最大の巨岩である天井石は、南側が約77t、北側約64tもあるという。この巨大古墳
が誰の墓なのかは不明であるが、付近に蘇我馬子の庭園があったことから、馬子の
墓ではないかとの説が有力である。また、石室が露出しているのは、馬子の横暴な態
度に反発した後世の人が封土を取り除いたためともいわれている。周囲は芝生広場
になっており、春は桃やサクラ、秋は彼岸花が咲く。
IMG_0463.JPG
IMG_0464.JPG

玉藻橋を渡って橘寺へ向かう
IMG_0465.JPG
IMG_0466.JPG
IMG_0467.JPG
IMG_0470.JPG
IMG_0468.JPG
橘寺
厩戸皇子(聖徳太子)生誕の地とされ、太子建立の七ヶ寺の一つです。建物は何度
も焼失し、現在の伽藍は江戸時代以降のものですが、美しいタチバナ形の塔心礎
が当時を物語っています。謎の石造物のひとつ「二面石」があるのもこの橘寺です。
IMG_0471.JPG
IMG_0472.JPG
IMG_0473.JPG

亀石へ向かう
IMG_0474.JPG
亀石
亀石(かめいし)とは、奈良県明日香村川原にある亀の形をした遺構。長さ3.6メートル、幅
2.1メートル、高さ1.8メートルの巨大な花崗岩に亀に似た彫刻が彫られていることからこの
名前で呼ばれている。ユーモラスな顔つきから明日香村観光のシンボルともなっている。
亀石伝説
言い伝えによれば、奈良盆地一帯が湖であった頃、対岸の当麻(たいま)のヘビと川原のナ
マズの争いの結果、当麻に水を吸い取られ、川原あたりは干上がってしまい、湖の亀はみ
んな死んでしまった。亀を哀れに思った村人たちは、「亀石」を造って亀の供養をしたという。
亀石は、以前は北を向き、次に東を向いたと言う。そして、今は南西を向いているが、西に
向き、当麻のほうを睨みつけると、奈良盆地は一円泥の海と化す、と伝えられている。
IMG_0475.JPG

※村立聖徳中学校前~
IMG_0476.JPG
IMG_0477.JPG
IMG_0478.JPG
天武・持統天皇陵
天武天皇とその皇后で皇位を継承した持統天皇の合葬墳墓。 直径50m、高さ6.36m。 円
墳とも八角墳ともとれるこの古墳の石室は八角形で、金銅製の蔵骨器がのっている。天武
天皇は古代律令国家体制の基礎を築き、持統天皇がその志を継いだ。また、持統天皇は
天皇として初めて火葬された人物としても知られる。鎌倉時代に盗堀された時の記録が残
されていたことから、被葬者が確実となった。
IMG_0479.JPG
国営飛鳥歴史資料館(休憩)~飛鳥駅
※国営飛鳥歴史公園館
国営飛鳥歴史公園4地区の施設や催し物の案内をはじめ、飛鳥地方の史跡や歴史を立体
模型や映像を用いて紹介しています。 誰にでも分かりやすい「飛鳥歴史アニメ」、タッチパネ
ルコンピュータで見る「飛鳥百景」など、飛鳥探訪の出発点となる施設です。

飛鳥駅へ向かう
IMG_0480.JPG
IMG_0481.JPG

nice!(18)  コメント(4) 

9月22日の明日香稲渕の棚田&案山子ロード&彼岸花-2

9月24日       9月22日の明日香稲渕の棚田&案山子ロード&彼岸花-2
                   近鉄ハイキング 10㎞
此の日は午後3時の降水確率が50%、其の前に飛鳥駅へ戻らないと雨に降られるかも知れ
ない、知人のK場さん・I 田さんと3名で参加した、近鉄ハイキングと別に飛鳥周遊クイズにも
挑戦、見事8問すべてに正解して景品のキトラ古墳周辺で収穫された「キトラ米」をGetした。
コース   近鉄ハイキング  飛鳥駅~飛鳥駅
飛鳥駅(10:05集合)~高松塚古墳~文武天皇陵~朝風峠~稲渕棚田(案山子ロード)~
男綱~石舞台古墳~犬養万葉記念館~橘寺~亀石~鬼の雪隠・鬼の俎~猿石~飛鳥駅
別途 飛鳥周遊クイズに参加して景品(キトラ米)と飛鳥の観光スポット絵ハガキを貰った。
帰りの電車に乗ってから雨、此の日の私の万歩計は、20415歩で約12.2km歩いたことに・・・
志都美駅ホーム
IMG_0324.JPG
畝傍駅~八木西口駅へ乗換
飛鳥駅
IMG_0326.JPG

高松塚古墳
IMG_0328.JPG

休憩所~朝風峠へ向かう
IMG_0329.JPG
IMG_0330.JPG
IMG_0331.JPG
IMG_0332.JPG
IMG_0335.JPG
IMG_0337.JPG

朝風峠へ登る道・・・此処へは行かない
IMG_0338.JPG
此処から男綱へ案山子ロードを下る
おばあさんがお出迎え
IMG_0339.JPG

稲渕案山子ロード・朝風峠の碑、今年は未だ彼岸花が少ない
IMG_0340.JPG
IMG_0342.JPG

福笑~相撲
IMG_0341.JPG
IMG_0343.JPG

例年彼岸花の咲いてる斜面に彼岸花が見えない
IMG_0344.JPG

明日香の棚田の模型?
IMG_0345.JPG

何? キティーちゃんとサンマ
IMG_0346.JPG
IMG_0347.JPG

良く見たら彼岸花が咲いていた、棚田が素晴らしい
IMG_0348.JPG
IMG_0349.JPG

ちっちゃいおっさん、演奏会へようこそ・・・
IMG_0350.JPG
IMG_0351.JPG

藤バカマ
IMG_0352.JPG

これくらい大きいと目立つ、寝転んでるグータラ
IMG_0354.JPG
IMG_0355.JPG

農家の・・・、 千手観音?
IMG_0356.JPG
IMG_0357.JPG

今年のジャンボ案山子は「チコちゃん」
IMG_0359.JPG
此処までは、
9月22日の明日香稲渕の棚田&案山子ロード&彼岸花-1 として
            下記のセカンドブログへ詳細を投稿すみです。
         https://nara-amami-shiba.blog.so-net.ne.jp/2019-09-24
此処では、続きのスマイル・・・・ ~についての詳細を掲載致します。
スマイル・・・・
IMG_0361.JPG

リハビリセンター
IMG_0362.JPG
遠くから
今年のジャンボ案山子「チコちゃん」
IMG_0363.JPG
IMG_0364.JPG
IMG_0365.JPG

彼岸花、パンダ、棚田を下から
IMG_0366.JPG
IMG_0368.JPG
IMG_0367.JPG
IMG_0369.JPG
IMG_0370.JPG

令和おじさん
IMG_0372.JPG

明日香楽園
IMG_0373.JPG

お弁当タイム
IMG_0374.JPG

派手なギャル、彼岸花は此れから
IMG_0375.JPG
IMG_0376.JPG
南海キャンディーズ
やまちゃんの結婚発表
IMG_0377.JPG

男綱
IMG_0379.JPG
IMG_0378.JPG
IMG_0380.JPG
IMG_0381.JPG
石舞台古墳公園へ向かう
藤バカマ、唐辛子、彼岸花、百日紅
IMG_0382.JPG
IMG_0383.JPG
IMG_0384.JPG
IMG_0386.JPG

石舞台古墳公園のジャンボ彼岸花
IMG_0388.JPG

石舞台古墳公園出昼食、ススキ
IMG_0389.JPG

岡寺の入口の大鳥居、犬養万葉記念館でコーヒータイム
IMG_0390.JPG
IMG_0391.JPG
IMG_0392.JPG

橘寺・聖徳皇太子御誕生地碑
IMG_0393.JPG
IMG_0395.JPG

川原寺跡
IMG_0394.JPG

亀石へ向かう
IMG_0397.JPG
IMG_0398.JPG
IMG_0399.JPG
IMG_0400.JPG

亀石
IMG_0401.JPG

怖い案山子もあるよ
IMG_0402.JPG
鬼の雪隠・俎~飛鳥駅へ向かう
溜池、ひまわり・・・
IMG_0403.JPG
IMG_0404.JPG

nice!(27)  コメント(4) 

9月18日の大山崎町の歴史探訪&サントリービール工場-2

9月23日       9月18日の大山崎町の歴史探訪&サントリービール工場-2
                    歴史探訪の会 & ビール工場見学
此の日の参加者は18名、歴史探訪の後のビール工場見学は8名と少人数になったが実り
の多い楽しい歴史探訪の会ハイキング&サントリービール工場見学となりました・・・
コース  大山崎ふるさとガイドの会様の2名のガイドさんが歴史探訪をガイドして下さった。
JR山崎駅(受付・スタート10時)~離宮八幡宮~関大明神~宝積寺(閻魔堂・本堂拝観)~
竹林のこみち経由~山崎聖天~桜の広場(昼食休憩)~瓦窯跡経由~歴史資料館(解散)
解散後希望者8名でサントリービール    ビール工場へ  工場見学&試飲へ
此の日の私の万歩計は、14636歩で約8.7km歩いたことに・・・
志都美駅
曇り空で葛城山も二上山も見えない
IMG_0243.JPG

JR山崎駅(受付・スタート)
IMG_0244.JPG

この奥に妙喜庵がある
IMG_0245.JPG
JR山崎駅前に有る妙喜庵(みょうきあん)
千利休作の日本最古の茶室 国宝「待庵」が有る事で知られる。
妙喜庵は京都府乙訓郡大山崎町にある仏教寺院。山号は豊興山。妙喜禅庵とも称する。
江戸時代一時地蔵寺の塔頭であったが、現在は臨済宗東福寺派に属する。室町時代の
明応年間(1492年 - 1501年)の開創。開山は東福寺開創聖一国師法嗣・春嶽士芳。

※「待庵(たいあん)」国宝。
日本最古の茶室建造物であると同時に、千利休作と信じうる唯一の現存茶室である。
大山崎町歴史博物館にレプリカ?が設けられており外廻りから見る事が出来る。

離宮八幡宮(りきゅうはちまんぐう)
離宮八幡宮は京都府乙訓郡大山崎町にある神社。旧社格は府社。石清水八幡宮の元社
にあたる神社として知られる。
貞観元年(859年)に清和天皇が、神託により国家安泰のため宇佐神宮から分霊し平安京
の守護神として奉安することとし、その時に九州に使わされた大安寺の僧行教が帰途山崎
の津(当時の淀川水運の拠点港)で神降山に霊光を見、その地より石清水の湧いたのを帰
京後に天皇に奏上したところ、国家鎮護のため清和天皇の勅命により「石清水八幡宮」が
建立された。その後、嵯峨天皇の離宮「河陽(かや)離宮」跡であったので社名を離宮八幡
宮とした。また、貞観年間に神官が神示を受けて「長木」(てこを応用した搾油器)を発明し
荏胡麻(えごま)油の製造が始まったことから、日本における製油発祥地とされる。その後
「大山崎油座」の制度で荏胡麻油の販売権を独占して、多くの兵火に焼かれながらも江戸
時代まで栄えた。
しかし、幕末「禁門の変」時に長州藩屯所が山崎にあったため、攻撃を受けて多くの商家と
ともに焼失。廃藩置県により社殿のすぐ西から大阪府に割譲し、さらに1871年(明治4年)
に境内北側を国策による鉄道事業にささげ、境内はさらに縮小した。
IMG_0247.JPG
IMG_0248.JPG

油祖像 河陽宮故址石碑&製油発祥地碑が有る
IMG_0250.JPG
  
石清水八幡宮と銘が彫り込まれた灯籠
IMG_0251.JPG

境内でガイドの説明を聞く
IMG_0253.JPG

離宮八幡宮を出て関大明神社へ向う
IMG_0255.JPG
関大明神社(せきだいみょうじんしゃ)
関大明神社は、大阪府三島郡島本町にある神社。関戸明神(せきどみょうじん)、関戸大明
神とも称される。祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)・天児屋根命(あめのこやねのみこ
と)、または大智明神(だいちみょうじん)。島本町から京都府乙訓郡大山崎町にかけての土
地は天王山と淀川(桂川)に挟まれ古くは山崎橋も存在したことなどから交通の要衝として関
所が設置されており、関大明神社の名前の由来となっている。また、この神社自身が関所
「山崎関」(山城の関)跡地であるといわれ、関所または後に設けられた「関戸院」(関戸の院
〈せきどのいん〉)の鎮守社であったともいわれる。
創建は不詳で、水無瀬の里に置かれていたが洪水によってこの地へ移されたとも、京都へ悪
霊の侵入を防ぐためこの地に道祖神が建立されたのが起源ともされる。また、伯耆国大山の
大智明神の神輿を収めたことにより始まるという伝承もある。この地は西国街道の宿場町で
山崎宿として知られ、周辺には古い建物が散見される。
また、傍らには「従是東山城國」との石碑も存在する。古くはこの関大明神社の前に流れる小
川が摂津国と山城国の境であったといわれており、現在でもこの川にほぼ沿った形で府境が
引かれている。
IMG_0257.JPG
※全国でも珍しいJR山崎駅・・・ホームの途中に京都府と大阪府の府境界が有る
山崎宗鑑碑
JR山崎駅から天王山へ至る、踏み切りを渡りきると、ちょうど天王山登山口にこの霊泉連歌講
跡碑と山崎宗鑑句碑が立っています。
IMG_0260.JPG
※山崎宗鑑
山崎宗鑑は、室町幕府9代将軍足利義尚に仕える武士でしたが、義尚の陣没(延徳元年、148
9年)後に出家して宗鑑と名乗り、この大山崎に隠棲しました。大山崎油神人の繁栄や、惣中や
待衆の支えによって連歌講の中心人物になり、宗鑑はこの付近にあったとされる冷(霊)泉庵で
連歌の会を開いたり、俳句の指導をしていたとされています。また書にも優れ 宗鑑流として多く
の人々に愛されました。晩年は『新撰犬筑波集』などを発表し、俳諧の創 始者として知られてい
ます。宗鑑の自宅は大阪と京都の境目の関大明神の向かいにあったとされ、その場所の旧家
森村家には「宗鑑井戸跡」「宗鑑旧居跡」が残されています。

宝積寺へ向かう急な坂道
IMG_0263.JPG
IMG_0264.JPG

宝積寺仁王門前
IMG_0266.JPG
IMG_0269.JPG
IMG_0270.JPG
宝積寺(ほうしゃくじ)
通称・宝寺(たからでら)は、奈良時代の724年に聖武天皇の勅願を受けて行基が開創したと伝
えられる歴史と由緒のあるお寺で、大阪府との府境に程近い大山崎町にあります。そして、この
大山崎町という場所自体が歴史的にもそしてパワースポット的にも非常に重要な意味を担って
いるのです。
昔話の「一寸法師」に登場する「打出の小槌(うちでのこづち)」。振ると、大判小判や宝物がザク
ザクと現れるというあの「打出の小槌」のモデルになったとされるものが、この宝寺に実在してい
ます。一寸法師(実際は普通の身長の男性)がここ宝寺で修行し、お寺にあった「打出」と「小槌」
のご利益で鬼を退治したことからお姫様と結婚し出世がかなったという話が、寺伝として実際に
伝わっているのです。「打出の小槌」と一般に言われますが、実は「打出」と「小槌」は別々のもの
で、「打出」は実り(福)の種を蒔くために土にさして穴を開けるためのもの、「小槌」は実り(福)を
祈願して振るためのものというのが本来であり、今でもお寺には古より伝わる「打出」と「小槌」が
保存されています。この宝寺は聖武天皇の勅願で建てられたものですが、即位以前、夢の中に
現れた龍神から打出と小槌を授けられ、それに75日間祈ったところ無事天皇に即位することが
できたことから、この打出と小槌を奉納するためにお寺を建てることになったという話が言い伝え
られています。聖武天皇の即位と秀吉の出世に(もしかしたら一寸法師の出世にも)宝寺が少な
からず関わっていたというのは興味深い話であり、金運のみならず、出世運にも多大なご利益が
あるという噂もうなずけます。

豊臣秀吉 一夜の塔
寺宝を多く有しており、建造物では桃山時代に秀吉が一夜で建てたと伝えられている「一夜の塔」
と呼ばれる三重搭が重要文化財に、本堂及び山門は京都府の登録文化財に指定されています。
IMG_0271.JPG
宝積寺・閻魔堂・本堂拝観・豊臣秀吉 一夜の塔
美術工芸品では本堂内安置の十一面観音菩薩立像、仁王門の金剛力士像及び収蔵庫に安置
される閻魔王像と眷族像が重要文化財に指定されている。其の中でも特に日本一の閻魔王像と
眷属像は見る者を圧倒する迫力があり必見です。本堂左横にある小槌宮には大黒天が祀られ、
聖武天皇が夢で竜神から授けられたという打出と小槌で、参詣者に福徳を授けています。その
ため宝寺という別名もあり、歴史上しばしば登場するお寺で大黒天宝寺として商売繁盛のお寺と
知られています。一寸法師の説話も宝積寺から生まれたのです。
また、本堂の脇には秀吉が腰掛けて天下統一について考えたと伝えられる出世石があります。
この出世石に腰掛けると出世するというお話もあります。許可をいただければ実際に腰掛けるこ
ともできます。
IMG_0273.JPG
竹の小路を山崎聖天へ向かう
大山崎山荘庭園で最初に建てられた建物の搭
IMG_0275.JPG

大山崎山荘
IMG_0277.JPG
※大山崎山荘庭園
宝寺に隣接する広大な敷地には、ニッカウヰスキーの創業に参画した実業家、加賀正太郎氏
が建てた「大山崎山荘」があり、現在ではアサヒビールが管理する美術館として、内部の貴重な
調度品や庭園なども一般に公開されています。近くには、サントリーの山崎蒸留所があったり、
邸宅が見受けられたりと、自然に恵まれた環境であると共に豊かな空気に包まれた一帯という
印象を受けます。宝寺のある地区が「銭原」というお金にまつわる縁起の良さを感じられる名前
であることもそうですが、重要な歴史の舞台になり、また歴史を形づくってきた人々と縁の深い
場所ならではの特別なパワーがこの一帯に満ちているのでは?などと思えて来てしまいます。

※加賀正太郎(かが しょうたろう)
加賀 正太郎(1888年1月17日 - 1954年8月8日)は、大正時代から昭和時代にかけて活躍した
日本の実業家。1888年、大阪市東区今橋生まれ。12歳の時に父親が亡くなり、船場にあった
江戸時代から続く実家の繊維業・米穀仲買業・両替商「富商加賀商店」を継ぐ。東京高等商業学
校(現・一橋大学)卒業後、加賀證券(のちに菱光証券に商号変更し三菱UFJ証券に合併)を設
立して社長を務めるなど多くの会社経営を行い、証券業、林業、不動産業、ゴルフ場経営、洋蘭
業などで成功した。1934年の大日本果汁(現・ニッカウヰスキー)創業にも参画。出資の70%を
構成して同社の筆頭株主だった。1954年死期を悟り、株式の散逸を防ぐためアサヒビールの山
本為三郎にニッカウヰスキー株を売却。

竹林のこみち
アサヒビール大山崎山荘美術館と観音寺(山崎聖天)を結ぶこみちです。春には対岸の
背割り堤の桜並木を眺望できます。
IMG_0280.JPG
此処までは、
9月18日の大山崎町の歴史探訪&サントリービール工場-1 として
           下記のセカンドブログへ詳細を投稿済みです。
         https://nara-amami-shiba.blog.so-net.ne.jp/2019-09-23-1
此処では、続きの山崎聖天~ についての詳細を掲載致します。
山崎聖天
天王山麓に位置し、「山崎の聖天さん」として京阪神の人々から厚い信仰を受けて いるお寺で
す。平安時代に宇多天皇(寛平法皇)の勅願で開山されました。その後江戸時代に木食以空が
中興開山し堂塔を整えました。本堂横に聖天堂があり江戸時代には現世利益を求めた大阪の
商人の厚い信仰を受け大いに隆盛しました。豪商住友家も帰依し立派な青銅製の灯篭を寄進
しています。幕末、元治元(1864)年に起こった禁門の変の余波で全焼し、明治時代になって伽
藍が復興しました。
IMG_0283.JPG
IMG_0284.JPG
IMG_0285.JPG
IMG_0286.JPG

境内で説明を聞く
IMG_0287.JPG
IMG_0288.JPG
IMG_0290.JPG
IMG_0291.JPG
桂昌院寄進の釣鐘
境内の梵鐘は五代将軍綱吉の生母桂昌院から、また銅製の大灯籠は江戸時代中頃に住友家
から寄進されました。このような有力な信者を持った観音寺は富裕町人にも人気があり山崎の
聖天さんとして、近隣はもとより大阪一帯からも親しまれてきました。
IMG_0292.JPG
IMG_0293.JPG
IMG_0289.JPG

山崎聖天を後に桜の広場へ向かう
IMG_0294.JPG
桜の広場(昼食休憩)後大山崎瓦窯跡へ向かう
※大山崎瓦窯跡
平成16年(2004)12月の調査の結果で平安宮の所用瓦を焼成した平安時代前期の瓦窯が6基、
まとまって発掘されました。当時、平安京周辺各地の多数の瓦窯で大量の瓦を生産し、平安宮・
京の造営を支えたものと考えられ、大山崎瓦窯もその一つとされます。
ここで製作された瓦は平安宮朝堂院をはじめ、嵯峨院、河陽離宮に供給されました。2006年
(平成18年)には、重要性が考慮され国の史跡に指定されています。2008年には、7番目の窯が
発見され、2009年には、更に8番目の窯が北約6mの崖で瓦窯の燃焼室の焚口が見つかってい
ます。大山崎瓦窯跡の石碑が立っている真向かいに、天王山登山口と観音寺へ続く道がある。

大山崎町歴史資料館へ向かう
IMG_0295.JPG
IMG_0296.JPG
大山崎町歴史資料館(解散)
大山崎。それは天王山が淀川へ最もせり出した場所を意味します。その自然の関門ともいうべき
地形から、日本の東と西を結ぶ交通の要衝として古代以来発展してきま した。当歴史資料館の
常設展では、これまで歩んできた歴史的特色を踏まえ、7つのコーナーを設けて町の歩みを紹介
しています。まず、エントランスルームでは、年表、文化財地図パネル等で町の歴史概観ができま
す。そして竹林のプロムナードをぬけると、そこには大山崎の名水にちなむ井戸ビジョンがあり、映
像で各時代の特色ある文化・歴史を紹介し、次のコーナーへの興味を高めます。展示室は5つの
コーナーに分れ、古代コーナー、中世コーナー、山崎合戦と待庵・利休のコーナー、近世コーナー
という構成になっています。各コーナーとも実物展示のほか、解説ビデオやイラスト、模型や複製
などを用いて、楽しみながら歴史学習ができるように心がけた展示となっています。
IMG_0298.JPG
サントリービール京都工場見学&試飲へ向かう
阪急大山崎駅⇒西山天王山駅から歩いてサントリービール京都工場へ

サントリービール京都工場見学・試飲
1970年大阪万博のサントリー館の展示ホールのモニュメントを移設・・・
※サントリー館の吹き抜け展示ホールには、高さ 12mのステンレス製の巨大な モニュメント
「御酒口(みきぐち)」が展示された。「御酒口」は昔、祝い事の際、神酒の飾りとして使用され
た竹製の装飾品で、そのシンプルな造形美をヒントにして制作されたもの。モニュメントは数
種の照明に照らされ、静かな音楽が流れる中で、幻想的な雰囲気を醸し出していた。
IMG_0314.JPG
IMG_0308.JPG
IMG_0309.JPG
IMG_0311.JPG
IMG_0312.JPG
IMG_0313.JPG
試飲 三種類のビールがf試飲出来る様になっていた。
下戸の私は、二種類で満足、三種類目は飲めずにリンゴジュースで締めた・・・
DSCN9960.JPG
IMG_0316.JPG
帰りは
ほろ酔い気分で工場からのバスで駅へ送られ、梅田経由で帰りました。

自宅へ帰り着いたのは午後6時を過ぎていた
IMG_0322.JPG

nice!(14)  コメント(2) 
前の10件 | -