So-net無料ブログ作成

1月24日の河内長野市楠木正成縁りの観心寺-2

2月1日      1月24日の河内長野市楠木正成縁りの観心寺-2
                  歩こう会3月のコース下見
此の日は、3月度歩こう会のコース下見、下見で歩いてみて良かった、とても歩けるコースでは
無かった、上り坂がしんどくてしんどくてギブアップ、M越さん・Y本さん・M吉さん・K場さんと5名
で、此の日の私の万歩計は、27416歩で約20.2kmあるいた事に・・・
此の日のコースは、南海電車の推奨ハイキングコースのパンフレットを貰ってコース通りに・・・
河内長野駅(集合・スタート)~長野公園~河合寺~丸山展望台~観心寺~延命寺~千早口
駅(ゴール) 
5名で歩いてみて、3月の本番のコースとしては、河内長野駅~観心寺へバスを使用、観心寺
境内散策(霊宝館見学・星塚巡り・大楠公首塚・昼食・後村上天皇陵)(解散)~※河内長野駅。
※観心寺~河内長野駅へは、歩くコースとバス使用コースに分かれて・・・
志都美駅
IMG_5185.JPG

柏原駅で近鉄線へ乗り換え
IMG_5187.JPG

河内長野駅
IMG_5188.JPG

落合橋を渡る
IMG_5189.JPG

長野公園
IMG_5191.JPG

河合寺へ向かう
IMG_5192.JPG
河合寺(かわいでら)
河合寺は、大阪府河内長野市にある真言宗御室派の寺院。山号は宝珠峰山。本尊は千手
観音菩薩。河合寺縁起によれば、当時、この地の山々に五色の雲が何日にも渡り棚引いて
いた。天皇の命により蘇我入鹿が調査すると、光が差している松の大木から千手観音菩薩
の像があらわれたという。驚いた天皇の命により皇極天皇2年(643年)、蘇我入鹿が当寺を
創建したといわれる。 承平(西暦931~937年)の頃、河南の三大名刹の一つとして知られ
ていたが、その後、足利氏に攻め入られ大伽藍を焼失したり、織田信長による寺領の没収
などにより衰退した。河合寺の裏山一帯は、大阪府立の府営長野公園の一部となっており、
山一面に広がる約500本の桜と山腹に約5000株のアジサイが咲く自然公園となっており、
特に桜は大阪みどりの百選に選定されている。 奥の院の横にあるあじさい園にも展望台が
あるが、さらに450m登った所にも展望台がある。
IMG_5195.JPG

笠松大明神
IMG_5196.JPG

丸山展望台へ向かう
IMG_5197.JPG
IMG_5198.JPG

丸山展望台
IMG_5201.JPG
IMG_5202.JPG
IMG_5203.JPG

観心寺へ向かう
IMG_5205.JPG
IMG_5207.JPG
IMG_5211.JPG

もうすぐ観心寺、気温5度・・・
IMG_5213.JPG
IMG_5214.JPG
観心寺(かんしんじ)
観心寺は、大阪府河内長野市にある高野山真言宗の寺院。山号を檜尾山と称し、遺跡本山
である。本尊は如意輪観音、開基(創立者)は実恵である。 仏塔古寺十八尊第十三番。奥河
内の観光地の一つ。大阪みどりの百選に選定されている。
伝承では、大宝元年(701年)、役小角(役行者)が開創し、当初、雲心寺と称したとされる。そ
の後、大同3年(808年)、空海がこの地を訪れ、北斗七星を勧請したという。これにちなむ7つ
の「星塚」が現在も境内に残る(なお、北斗七星を祭る寺は日本では観心寺が唯一である)。
弘仁6年(815年)、空海は再度この地を訪れ、自ら如意輪観音像を刻んで安置し、「観心寺」
の寺号を与えたという。「空海が自ら刻んで」云々の話は伝承の域を出ないが、現在金堂本尊
として安置される如意輪観音像は、様式的に9世紀の作品とされている。また、観心寺には奈
良時代にさかのぼる金銅仏4体が伝来することから奈良時代草創説もあながち否定できない。
観心寺の実質的な開基とみられるのは、空海の一番弟子にあたる実恵である。『観心寺縁起
資財帳』(国宝)などによると天長4年(827年)、実恵の意を受け、弟子の真紹が造営を始めて
いる(なお、年次に関しては天長2年(825年)とする異説もある)。承和3年(836年)には石川郡
東坂荘が勅によって施入されたと伝えられている。鎌倉時代の末期には塔頭50か寺以上を誇
る大寺院となっていた。
観心寺は楠木氏の菩提寺であり、楠木正成および南朝ゆかりの寺としても知られている。正平
14年(1359年)12月から翌正平15年(1360年)9月まで後村上天皇の行宮となった。また、境内
には後村上天皇桧尾陵がある。
境内にある建掛塔(たてかけとう)は、一見、普通の仏堂のように見えるが、三重塔の一重目だ
けが建てられた、未完成の建築である。伝承によれば、楠木正成は、建武の新政の成功を祈願
して三重塔の建立を発願したが、造営なかばで湊川の戦いで討ち死にしたため、建築が中断さ
れ、そのままになっているという。討ち死にした正成の首は当寺に届けられ首塚に祀られている。
IMG_5215.JPG

楠木正成ゆかりの寺として知られる『観心寺』の山門前
IMG_5216.JPG
山門をくぐってすぐに「後村上天皇御旧跡(旧惣持院跡)」があります。
後村上天皇は、南北朝時代の南朝第2代天皇で、約10ヶ月の間、日本の政治をここで
執行されました。
IMG_5218.JPG

中院は楠木家の菩提寺で、楠木正成の学問所で8歳~15歳までここで勉学に励みました。

金堂は国宝です。
IMG_5219.JPG
建掛搭は重要文化財です。
楠木正成は建武新政の成功を祈願して三重搭を計画しましたが、神戸湊川で討死した為
初層のまま未完成で現在に至っています。
IMG_5221.JPG

弁天堂
IMG_5222.JPG

修行大師
IMG_5224.JPG
天皇陵
金堂の右奥、長い石段(256段)を上がると、第九十七代後村上天皇の御陵があります。
住吉大社で没後、当山に御陵が作られました。
IMG_5225.JPG
IMG_5227.JPG
IMG_5229.JPG

素晴らしい青空、天皇陵を下る
IMG_5231.JPG
「楠木正成首塚」
討死後、足利尊氏の命令によりその首が当寺に送り届けられ、ここに祀られました。
IMG_5233.JPG
此処までは、
1月24日の河内長野市楠木正成縁りの観心寺-1 として
           下記のセカンドブログへ詳細を投稿済みです。
         https://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2019-02-01
此処では、続きの霊宝館~ の詳細についてを掲載致します。
霊宝館
10体の重要文化財の仏様が展示保管されています。他にも楠木正成ゆかりの重文が
保管されています。見応え有りました。
IMG_5235.JPG
星塚巡り
北斗七星が祀られています。日本ではここ『観心寺』だけだそうです。
弘法大師が厄除けの為に祀られたもので、一巡する事でその年の厄が払われると
云われています。(一巡は約10分です)
IMG_5237.JPG
IMG_5238.JPG
IMG_5236.JPG
IMG_5239.JPG
IMG_5240.JPG
IMG_5241.JPG
IMG_5242.JPG
IMG_5243.JPG

観心寺を後に延命寺へ向かう
IMG_5245.JPG
IMG_5246.JPG

延命寺へ向かう、まだまだ坂道を上る
IMG_5247.JPG
IMG_5249.JPG
IMG_5251.JPG
IMG_5252.JPG
IMG_5256.JPG
IMG_5259.JPG
IMG_5260.JPG
延命寺(えんめいじ)
延命寺とは大阪府河内長野市の真言宗御室派の寺院。山号は薬樹山。
弘仁年間(810年 – 824年)、空海が地蔵の石仏を刻んで本尊としたのが当寺の始まりとされ
る。寛永16年(1639年)に、この地に生まれた浄厳が伽羅山延命寺に寺号を改め中興する。
延宝5年(1677年)、薬樹山延命寺に寺号を改め、本尊も如意輪観音に改められた。山号の
由来はこの地に薬草が多く生えていたことからとされる。紅葉の名刹として有名で大阪みど
りの百選に選ばれている。樹齢1000年とも言われている巨大なカエデ(もみじ)の老木は
「夕照もみじ」といい大阪府天然記念物に指定されている。また、すぐ近くには長野公園・延
命寺地区がある。
延命寺の石碑。
江戸時代の高僧、浄厳(じょうごん)が延宝5年(1677)に創建したといわれています。
IMG_5261.JPG
IMG_5262.JPG
IMG_5263.JPG
延命寺の夕照もみじ
昭和45年2月20日に大阪府指定天然記念物に指定されています。
IMG_5264.JPG
IMG_5265.JPG
IMG_5266.JPG
IMG_5267.JPG
IMG_5268.JPG
IMG_5269.JPG
IMG_5270.JPG
IMG_5271.JPG
IMG_5272.JPG
IMG_5273.JPG

延命寺を後に千早口駅へ向かう
IMG_5275.JPG

千早口駅へ向かう
IMG_5277.JPG
IMG_5276.JPG
IMG_5278.JPG
IMG_5279.JPG
IMG_5280.JPG
IMG_5281.JPG
IMG_5282.JPG
IMG_5283.JPG

美加の台
IMG_5284.JPG

千早口駅 六文銭を描いた電車が来た・・・
IMG_5286.JPG
IMG_5285.JPG
IMG_5287.JPG

nice!(19)  コメント(2)