So-net無料ブログ作成

1月30日の唐古・鍵考古学ミュージアム~遺跡史跡公園-2

2月4日        1月30日の唐古・鍵考古学ミュージアム~遺跡史跡公園-2
                    歴史探訪の会の3月コース下見
此の日は、素晴らしいハイキング日和で知人のM吉さん・K場さんと3名で田原本町のボラン
ティアガイドさんと事前に申し込んんで有ったコースを巡った・・・
コースは
田原本駅(観光ステーション)~浄照寺~本誓寺~田原本聖救主教会~平野氏陣屋跡(稲荷
大神)~唐古・鍵考古学ミュージアム~池神社・千万院~眺めの丘・展望台~唐子・鍵遺跡史
跡公園・情報展示館~道の駅(レスティー唐古・鍵)~今里の蛇巻(杵築神社・正福寺)~安養
寺~首切地蔵尊~八尾鏡作神社(鏡作坐天照御魂神社)~豊雛稲荷~田原本駅  
此の日の私の万歩計は、20441歩で約15.1km歩いたことに・・・

本番のコースは、雨天中止 田原本駅東口広場(集合・10時スタート)
田原本駅東口広場~浄照寺~本誓寺~田原本聖救主教会~平野氏陣屋跡(稲荷大神)~
唐古・鍵考古学ミュージアムへ1.4km~唐子・鍵考古学ミュージアム~池神社・千万院~眺め
の丘へ1.4km~眺めの丘(昼食)~唐古・鍵遺跡史跡公園・情報展示館~道の駅へ1.2km
~道の駅(レスティー唐古・鍵)~石見駅へ1.5km・・・・・合計 5.5km →6kmコース
志都美駅9:14  王寺9:21  新王寺駅9:35 西田原本駅9:54  田原本駅東口広場9:56
      8:14     8:21        8:35        8:54              8:56 
志都美駅
IMG_5288.JPG

西田原本駅
IMG_5289.JPG

田原本駅、東改札前広場
IMG_5291.JPG
IMG_5292.JPG
浄照寺(じょうしょうじ)
浄照寺は、奈良県磯城郡田原本町にある浄土真宗本願寺派の寺院。
山号は松慶山。本尊は阿弥陀如来。田原本御坊とも称される。
天正11年4月(1583年)、織田信長の後継者の地位を争って、羽柴秀吉と柴田勝家が
賤ヶ岳の戦いを起こした。この戦いで秀吉子飼いの7人の武将が活躍し、「賤ヶ岳の七
本槍」と呼ばれる勇名を馳せたが。その一人平野長泰は軍功により、田原本他6か村
を与えられ5千石の領主となる。しかし、長泰は生涯、田原本の地に居住することはな
かった。
正保4年(1647年)、長泰より田原本地領(寺内町)の経営を任されていた真宗寺院の
真宗大谷派教行寺は、2代目領主長勝との間に支配権のことで対立し、広陵町箸尾へ
立ち退かせられる。慶安元年(1648年)、領主長勝は田原本に陣屋を築造する。
慶安4年(1651年)、長勝は教行寺の跡地を二分し、北側に平野家の菩提寺である浄
土宗本誓寺を招請建立し、南側に浄土真宗の寺院「円城寺」(淨照寺の前身)を建立
した。領主は円城寺と地域末寺8か寺を加えて浄土真宗本願寺第13世門主良如上人
に寄進した。住職は本願寺門主が務め、御門跡兼帯所(御坊・別院)として、筋壁(表
塀の五本の筋)が使用される。
その後、本願寺御坊として、72か寺の末寺や配下を有した。大和には5か所の御坊が
存在しており、今井・称念寺、御所・円照寺、高田・専立寺、畝傍・信光寺と併せて大
和五ヶ所御坊と称せられた。御坊は、本願寺と地方寺院及び地域を取り次ぐ役割を担
うための格式と権威を有し、中本山としての機能を果たしていた。
寛延2年(1749年)、円城寺は寺号を浄照寺に改める。
明治10年 (1877年)、明治天皇行幸の行在所となる。
明治23年 (1890年)、昭憲皇太后行啓、宿泊所となる。
IMG_5293.JPG
IMG_5294.JPG
本誓寺(ほんせいじ)・・・田原本町HPより
本誓寺は、浄土宗の寺。開基は、鎌倉時代の伝承もあるが不明。江戸時代の田原本
領主であった平野氏の菩提寺。田原本二代領主平野長勝は、正保四年(1647)に浄
土真宗教行寺を著尾に転座させ、その跡地に円城寺(現在の浄照寺)と本誓寺を建立
した。 本堂は度々の火災を受け、現在は昭和58年に再建された鉄筋コンクリート建物
である。
本尊は、阿弥陀如来立像で鎌倉時代後期の作。他に、元は楽田寺にあったとされる
平安時代中期の十一面観音立像が安置されている。
IMG_5299.JPG
IMG_5300.JPG

平野氏陣屋跡へ向かう
IMG_5301.JPG
田原本聖救主教会・・・田原本町HPより
日本聖公会の田原本布教の歴史は、明治16年(1883)の説教会に始まり、明治28年
(1895)には最初の会堂を建築し、伝道を本格化した。現会堂は、昭和8年(1933)に建
てられ、木造平屋、切妻造り。屋根は桟瓦葺(さんかわらぶき)、鬼瓦の紋には十字架が
ついている。玄関妻側の窓も色ガラスがはめ込まれ、桟は十字架をかたどっており、昭
和初期当時の面影を留めている。 NHK連続テレビ小説「芋たこなんきん」、「マッサン」
のロケ地としても使用された。
IMG_5302.JPG
平野氏陣屋跡
田原本は、賤ヶ岳七本槍の一人に数えられる平野長泰が、文禄4年に豊臣秀吉から
5,000石を与えられたところ。
寛永12年に2代長勝がこの地に陣屋を構え、以後旗本交代寄合として8代続いた。
明治元年に9代長裕は、5,000石を加増され大名に列した。

平野氏陣屋跡・稲荷大神
通称「屋敷のお稲荷さん」と呼ばれ、境内社に大神神社も祀り、社前に田原本藩最後
の藩主平野長裕が明治元年(1868)寄進の石燈篭が建つ。
IMG_5303.JPG
IMG_5304.JPG
唐古・鍵考古学ミュージアム
唐古・鍵遺跡(国史跡)は、日本を代表する弥生時代の遺跡として知られ、発見から100
年以上にわたって調査が続けられてきました。
唐古・鍵考古学ミュージアムは、これまでに出土した膨大な資料の一部を展示しており、
2018年6月にリニューアルオープンしました。
何?
ただのといの水受けらしい・・・
IMG_5305.JPG

学芸員さんの説明を聞いた・・・
IMG_5307.JPG
IMG_5308.JPG
IMG_5309.JPG
池神社・千万院
池神社
池神社は、初瀬川沿いに鎮座する。祭神は天万栲幡千千比売命・菅原道真で、明治初年
ごろまでは天満宮と称されていた。現在は延喜式内大社「池坐朝霧黄幡比売神社」に比定
されている。中世の天満宮は、在地豪族長谷川党の鎮守であった。近世以降も 法貴寺の
実相院が社僧として社務全般を支配した。この関係は神仏分離により法貴寺から池神社
が切り離されるまで続いた。
IMG_5312.JPG
IMG_5313.JPG
千万院
法貴寺は、「法起寺」ともいい、聖徳太子が創建し秦河勝に賜ったという。千万院はこの
法貴寺の塔頭の子院だった。法貴寺の本坊を実相院といい、中世には法貴寺天満宮
(池坐朝霧黄幡比売神社)の別当職を担うなど、在地豪族長谷川党とのつよい結びつ
きで大きな勢力を誇った。しかし、江戸時代半ばには実相院と千万院の2坊のみとなり、
神仏分離で実相院にかわって法貴寺薬師堂を受け継いだのは千万院だけとなった。
現在、千万院の僧坊はすでになく、薬師堂を千万院と呼ぶ習わしとなっている。
IMG_5314.JPG
IMG_5315.JPG
IMG_5316.JPG

眺めの丘・展望台
IMG_5318.JPG

展望台から・・・
IMG_5319.JPG
IMG_5322.JPG

昼食
IMG_5324.JPG
IMG_5325.JPG
此処までは、
1月30日の唐古・鍵考古学ミュージアム~遺跡史跡公園-1 として
            下記のセカンドブログへ詳細を投稿済みです。
         https://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2019-02-04
此処では、続きの唐古池~ の詳細を掲載します。
唐古池
IMG_5329.JPG
IMG_5330.JPG
IMG_5331.JPG
IMG_5332.JPG
IMG_5334.JPG
IMG_5335.JPG
IMG_5336.JPG
唐古・鍵遺跡史跡公園・遺構展示館
およそ2,000年前に栄えた、弥生時代の代表的な集落です。奈良盆地のほぼ中央、奈
良県磯城郡田原本町大字唐古および大字鍵に位置します。遺跡面積の約42ヘクター
ルは近畿地方最大です。直径約400mの範囲が居住区で、その周りには幾重にも「環
濠」が巡っていました。遺跡は弥生時代前期(約2,300年前)に成立し、古墳時代前期
(1,700年前)までの約600年間続きました。昭和11年の第1次調査では多量の土器・
石器・木器が出土し、その成果は弥生時代研究の基礎となりました。昭和52年の第3
次調査以来継続的な調査が行われ、多数の絵画土器や青銅器鋳造施設の発見など
重要な成果が相次ぎました。その重要性から、1999年1月27日、国の史跡に指定さ
れました。
唐古・鍵遺跡(国史跡)は、日本を代表する弥生時代の遺跡として知られ、発見から
100年以上にわたって調査が続けられてきました。特に末永雅雄氏らによる、唐古池
の発掘調査(第1次調査)は、弥生集落の様相が初めて明らかとなり、その後の弥生
時代研究の確固たる基礎を築きました。その後も、奈良県立橿原考古学研究所・田
原本町教育委員会によって調査が続けられ、日本最大級の環濠集落であることが明
らかとなりました。また楼閣を描いた絵画土器や、勾玉を入れた褐鉄鉱容器、大型建
物跡など重要な発見も多く、今なお唐古・鍵遺跡は、弥生文化を考える上で重要な位
置を占めています。
IMG_5333.JPG
IMG_5338.JPG
IMG_5339.JPG
IMG_5340.JPG
IMG_5341.JPG
IMG_5342.JPG

遺構展示館
IMG_5343.JPG
IMG_5344.JPG
IMG_5345.JPG
道の駅(レスティー唐古・鍵)・・・田原本町HPより
唐古・鍵遺跡史跡公園と隣接し、さまざまな観光サービスを提供する交流施設「道の
駅」が、平成30年4月20日に誕生しました。駐車場から史跡公園へと向かう主要動線
には、唐古・鍵遺跡や町及び県中南和地域の観光案内と地場産品の買い物・食事を
提供する「此処でこそのもてなしの場」があり、史跡公園への期待感を高める施設と
なります。
1階のベーカリーでは「黄金の生食パン極」を製造直売するとともに、各種ジェラートを
販売し、2階のカフェではバラエティー豊かな12種類の「オリジナルドッグサンド」をメイ
ンに、ドリンクメニューや軽食メニューをご用意いたします。
「黄金の生食パン 極」
高級カナダ産小麦粉を100%使用し、バター、生クリーム、はちみつを加えて施設内
で焼き上げた高級食パンです。しっとりとした食感と優しい甘さが特徴、そのまま生で
お召し上がりいただくのがおすすめ。もちろん焼いても美味しいです。
IMG_5346.JPG
IMG_5347.JPG
今里の蛇巻(杵築神社・正福寺)
今里の杵築神社と鍵の八坂神社で、蛇巻きの行事がおこなわれます。
今里の杵築神社で、午後1時過ぎに中学生以上の男子が麦藁を束ねて蛇を作り、撚り
をかけた長い綱に、麦藁を束ね「せーの」の掛け声とともに蛇体を編み上げていく。全
長18mの蛇が出来上がると、ここで一旦休息となり、行事参加者が拝殿でお神酒を飲
む間、藁の先にくくられた「わかめの味噌煮」が村の参拝者に配られる。あまれば、観
光客にもおすそ分けがある。甘く美味。
その後、中学生(本来は数えで15から17歳)の男子が蛇頭を抱え、今里の各戸を「おめ
でとう」といいながら練り歩く。広い道に至れば、「それ」との掛け声とともに、蛇体に人
を巻き込む。子供達の笑い声が上がり、実に楽しい。蛇は再び杵築神社に戻り、神社
南側にある大樹に頭を上に巻き付けられる。今里では、蛇の巻き付けられた大樹の根
元の祠に、絵馬や農具のミニチュアが祭られることから、田植え時の降雨を祈願したも
のと考えられる。蛇巻きは、その構成員が男子であり、旧暦の5月5日に行われる端午
の節句にちなんだ行事である。
IMG_5348.JPG
IMG_5349.JPG
IMG_5350.JPG
IMG_5352.JPG
IMG_5351.JPG
※鍵の蛇は、北中学校の前の「はったはん」という場所の大樹の根元に頭がおかれ、
胴体が樹に吊るされる。

寺川
IMG_5353.JPG
IMG_5354.JPG
IMG_5355.JPG
IMG_5356.JPG
安養寺
安養寺は、寛永10年(1633)、源蓮社宝誉上人の開山と伝えられる。
木造阿弥陀如来立像は、大字八尾の安養寺に安置されている。像は、玉眼・粉溜塗
の特徴をもつ。粉溜とは、白土を下地にその上に金泥を塗ったものである。快慶が好
んで用いた手法。X線写真によると、眼の奥に蛇腹状の文様が映っている。これは玉
眼を入れるための工法によるもので、快慶仏には時々この手法が認められるという。
足ほぞには快慶作を示す「巧匠安阿弥陀佛」の墨書が認められるが、これは後世に
書き改められたものと考えられている。
IMG_5358.JPG
IMG_5357.JPG
首切地蔵尊
八尾の薬師堂の入り口、中(なか)街道に面した所に「首切地蔵尊」がまつられてい
ます。むかしむかし、この地は罪人の首切り場であったことから、村人はここに地蔵
をまつり、以降「首切り地蔵」と呼ぶようになったということです。
IMG_5359.JPG
八尾鏡作神社(鏡作坐天照御魂神社)
鏡作坐天照御魂神社(かがみつくりにますあまてるみたまじんじゃ)は、奈良県磯城郡
田原本町八尾にある神社である。式内大社で、旧社格は県社。
4~5世紀にかけて、鏡類を製作鋳造していた鏡作部がこの地一体に居住し、御鏡(天
照国照彦火明命)並びに遠祖(石凝姥命)を氏神として開いた神社であるとされる。
記紀によると、崇神天皇6年、皇居内の天照大御神を畏れ多いとして笠縫の地に遷座
せしめたとある。社伝によると、「崇神天皇6年9月3日、この地において日御像の鏡を
鋳造し、天照大神の御魂となす。今の内侍所の神鏡是なり。」とあり、この際に作られ
た神鏡を御神体として祭祀したのが当社の起源とされる。『和名抄』には大和国城下郡
の条に「鏡作郷」と記載があり、この地には仿製鏡の製作に従事した鏡作部(かがみつ
くりべ)が居住していたとされることから、当社の創建には鏡作部との関係が強いもの
と考えられる。更に近辺には鏡作伊多神社、鏡作麻気神社といった神社があり、当社
との関連が指摘されている。
IMG_5361.JPG
IMG_5360.JPG
IMG_5362.JPG
IMG_5363.JPG
IMG_5364.JPG
豊雛大明神
鏡作神社の鳥居の南側に西を向いて豊雛大明神 豊受大神を祭る神社。
IMG_5365.JPG
長顕寺
寺伝によると当時創建以前は既に妙見信仰が盛んでしたが、領主平野家の武運長久
の祈願寺として、京都から招かれたと伝えられています。
寺地は平野家のもと蔵屋敷跡を寄進され建立したと云われています。平野家は日蓮宗
でしたが、田原本に陣屋を置くようになって浄土宗に改宗した為、日蓮宗信者の家臣の
ために長顕寺を建立したとも伝えられています。
IMG_5366.JPG
IMG_5367.JPG

西田原本駅、シャリョウが100年前のカラーに・・・
IMG_5368.JPG

nice!(8)  コメント(2) 

1月24日の河内長野市楠木正成縁りの観心寺-2

2月1日      1月24日の河内長野市楠木正成縁りの観心寺-2
                  歩こう会3月のコース下見
此の日は、3月度歩こう会のコース下見、下見で歩いてみて良かった、とても歩けるコースでは
無かった、上り坂がしんどくてしんどくてギブアップ、M越さん・Y本さん・M吉さん・K場さんと5名
で、此の日の私の万歩計は、27416歩で約20.2kmあるいた事に・・・
此の日のコースは、南海電車の推奨ハイキングコースのパンフレットを貰ってコース通りに・・・
河内長野駅(集合・スタート)~長野公園~河合寺~丸山展望台~観心寺~延命寺~千早口
駅(ゴール) 
5名で歩いてみて、3月の本番のコースとしては、河内長野駅~観心寺へバスを使用、観心寺
境内散策(霊宝館見学・星塚巡り・大楠公首塚・昼食・後村上天皇陵)(解散)~※河内長野駅。
※観心寺~河内長野駅へは、歩くコースとバス使用コースに分かれて・・・
志都美駅
IMG_5185.JPG

柏原駅で近鉄線へ乗り換え
IMG_5187.JPG

河内長野駅
IMG_5188.JPG

落合橋を渡る
IMG_5189.JPG

長野公園
IMG_5191.JPG

河合寺へ向かう
IMG_5192.JPG
河合寺(かわいでら)
河合寺は、大阪府河内長野市にある真言宗御室派の寺院。山号は宝珠峰山。本尊は千手
観音菩薩。河合寺縁起によれば、当時、この地の山々に五色の雲が何日にも渡り棚引いて
いた。天皇の命により蘇我入鹿が調査すると、光が差している松の大木から千手観音菩薩
の像があらわれたという。驚いた天皇の命により皇極天皇2年(643年)、蘇我入鹿が当寺を
創建したといわれる。 承平(西暦931~937年)の頃、河南の三大名刹の一つとして知られ
ていたが、その後、足利氏に攻め入られ大伽藍を焼失したり、織田信長による寺領の没収
などにより衰退した。河合寺の裏山一帯は、大阪府立の府営長野公園の一部となっており、
山一面に広がる約500本の桜と山腹に約5000株のアジサイが咲く自然公園となっており、
特に桜は大阪みどりの百選に選定されている。 奥の院の横にあるあじさい園にも展望台が
あるが、さらに450m登った所にも展望台がある。
IMG_5195.JPG

笠松大明神
IMG_5196.JPG

丸山展望台へ向かう
IMG_5197.JPG
IMG_5198.JPG

丸山展望台
IMG_5201.JPG
IMG_5202.JPG
IMG_5203.JPG

観心寺へ向かう
IMG_5205.JPG
IMG_5207.JPG
IMG_5211.JPG

もうすぐ観心寺、気温5度・・・
IMG_5213.JPG
IMG_5214.JPG
観心寺(かんしんじ)
観心寺は、大阪府河内長野市にある高野山真言宗の寺院。山号を檜尾山と称し、遺跡本山
である。本尊は如意輪観音、開基(創立者)は実恵である。 仏塔古寺十八尊第十三番。奥河
内の観光地の一つ。大阪みどりの百選に選定されている。
伝承では、大宝元年(701年)、役小角(役行者)が開創し、当初、雲心寺と称したとされる。そ
の後、大同3年(808年)、空海がこの地を訪れ、北斗七星を勧請したという。これにちなむ7つ
の「星塚」が現在も境内に残る(なお、北斗七星を祭る寺は日本では観心寺が唯一である)。
弘仁6年(815年)、空海は再度この地を訪れ、自ら如意輪観音像を刻んで安置し、「観心寺」
の寺号を与えたという。「空海が自ら刻んで」云々の話は伝承の域を出ないが、現在金堂本尊
として安置される如意輪観音像は、様式的に9世紀の作品とされている。また、観心寺には奈
良時代にさかのぼる金銅仏4体が伝来することから奈良時代草創説もあながち否定できない。
観心寺の実質的な開基とみられるのは、空海の一番弟子にあたる実恵である。『観心寺縁起
資財帳』(国宝)などによると天長4年(827年)、実恵の意を受け、弟子の真紹が造営を始めて
いる(なお、年次に関しては天長2年(825年)とする異説もある)。承和3年(836年)には石川郡
東坂荘が勅によって施入されたと伝えられている。鎌倉時代の末期には塔頭50か寺以上を誇
る大寺院となっていた。
観心寺は楠木氏の菩提寺であり、楠木正成および南朝ゆかりの寺としても知られている。正平
14年(1359年)12月から翌正平15年(1360年)9月まで後村上天皇の行宮となった。また、境内
には後村上天皇桧尾陵がある。
境内にある建掛塔(たてかけとう)は、一見、普通の仏堂のように見えるが、三重塔の一重目だ
けが建てられた、未完成の建築である。伝承によれば、楠木正成は、建武の新政の成功を祈願
して三重塔の建立を発願したが、造営なかばで湊川の戦いで討ち死にしたため、建築が中断さ
れ、そのままになっているという。討ち死にした正成の首は当寺に届けられ首塚に祀られている。
IMG_5215.JPG

楠木正成ゆかりの寺として知られる『観心寺』の山門前
IMG_5216.JPG
山門をくぐってすぐに「後村上天皇御旧跡(旧惣持院跡)」があります。
後村上天皇は、南北朝時代の南朝第2代天皇で、約10ヶ月の間、日本の政治をここで
執行されました。
IMG_5218.JPG

中院は楠木家の菩提寺で、楠木正成の学問所で8歳~15歳までここで勉学に励みました。

金堂は国宝です。
IMG_5219.JPG
建掛搭は重要文化財です。
楠木正成は建武新政の成功を祈願して三重搭を計画しましたが、神戸湊川で討死した為
初層のまま未完成で現在に至っています。
IMG_5221.JPG

弁天堂
IMG_5222.JPG

修行大師
IMG_5224.JPG
天皇陵
金堂の右奥、長い石段(256段)を上がると、第九十七代後村上天皇の御陵があります。
住吉大社で没後、当山に御陵が作られました。
IMG_5225.JPG
IMG_5227.JPG
IMG_5229.JPG

素晴らしい青空、天皇陵を下る
IMG_5231.JPG
「楠木正成首塚」
討死後、足利尊氏の命令によりその首が当寺に送り届けられ、ここに祀られました。
IMG_5233.JPG
此処までは、
1月24日の河内長野市楠木正成縁りの観心寺-1 として
           下記のセカンドブログへ詳細を投稿済みです。
         https://tahara-nara-amami.blog.so-net.ne.jp/2019-02-01
此処では、続きの霊宝館~ の詳細についてを掲載致します。
霊宝館
10体の重要文化財の仏様が展示保管されています。他にも楠木正成ゆかりの重文が
保管されています。見応え有りました。
IMG_5235.JPG
星塚巡り
北斗七星が祀られています。日本ではここ『観心寺』だけだそうです。
弘法大師が厄除けの為に祀られたもので、一巡する事でその年の厄が払われると
云われています。(一巡は約10分です)
IMG_5237.JPG
IMG_5238.JPG
IMG_5236.JPG
IMG_5239.JPG
IMG_5240.JPG
IMG_5241.JPG
IMG_5242.JPG
IMG_5243.JPG

観心寺を後に延命寺へ向かう
IMG_5245.JPG
IMG_5246.JPG

延命寺へ向かう、まだまだ坂道を上る
IMG_5247.JPG
IMG_5249.JPG
IMG_5251.JPG
IMG_5252.JPG
IMG_5256.JPG
IMG_5259.JPG
IMG_5260.JPG
延命寺(えんめいじ)
延命寺とは大阪府河内長野市の真言宗御室派の寺院。山号は薬樹山。
弘仁年間(810年 – 824年)、空海が地蔵の石仏を刻んで本尊としたのが当寺の始まりとされ
る。寛永16年(1639年)に、この地に生まれた浄厳が伽羅山延命寺に寺号を改め中興する。
延宝5年(1677年)、薬樹山延命寺に寺号を改め、本尊も如意輪観音に改められた。山号の
由来はこの地に薬草が多く生えていたことからとされる。紅葉の名刹として有名で大阪みど
りの百選に選ばれている。樹齢1000年とも言われている巨大なカエデ(もみじ)の老木は
「夕照もみじ」といい大阪府天然記念物に指定されている。また、すぐ近くには長野公園・延
命寺地区がある。
延命寺の石碑。
江戸時代の高僧、浄厳(じょうごん)が延宝5年(1677)に創建したといわれています。
IMG_5261.JPG
IMG_5262.JPG
IMG_5263.JPG
延命寺の夕照もみじ
昭和45年2月20日に大阪府指定天然記念物に指定されています。
IMG_5264.JPG
IMG_5265.JPG
IMG_5266.JPG
IMG_5267.JPG
IMG_5268.JPG
IMG_5269.JPG
IMG_5270.JPG
IMG_5271.JPG
IMG_5272.JPG
IMG_5273.JPG

延命寺を後に千早口駅へ向かう
IMG_5275.JPG

千早口駅へ向かう
IMG_5277.JPG
IMG_5276.JPG
IMG_5278.JPG
IMG_5279.JPG
IMG_5280.JPG
IMG_5281.JPG
IMG_5282.JPG
IMG_5283.JPG

美加の台
IMG_5284.JPG

千早口駅 六文銭を描いた電車が来た・・・
IMG_5286.JPG
IMG_5285.JPG
IMG_5287.JPG

nice!(19)  コメント(2)